出産後2歳の子供がいるのですが旦那が嫌いで仕方がない人の改善策

  • LINEで送る

子育てをすることは、夫にとっても重要な役割があります。子育ては、いかに夫婦で協力していけるか、が重要になってきます。

子供にたくさんの愛情を注げるように、子育てをしていける環境を夫婦で作っていかなければいけません。

ですが、子供が生まれてから、夫と妻の間で子育ての意識が大きく変わってしまうことが起こると言われています。

何が原因で夫婦の間で、愛情の差が出てしまうのでしょうか。今回は、その原因とそれによって起こる夫婦問題、そして解決策をご紹介させていただきます。

夫婦の愛情が下がってしまう”産後クライシス”とは!?

2006年〜2009年に継続的に行われた調査で、出産後に夫婦ともお互いの愛情が急激に下がっているという結果が出ました。

この調査は、初めて子供が生まれる前(妊娠後期)から、2歳児になるまで、約300組の4年間の変化が調べられました。以下のグラフが夫婦間の愛情をグラフ化したものになります。

※引用:http://berd.benesse.jp/jisedai/topics/index2.php?id=4398

このグラフから分かるように、妻から夫への愛情が急速に減っていることがわかります。

これを”産後クライシス”と言います。

妊娠の時には”配偶者といると本当に愛していること実感する”と答えた人が74.3%となっていて、妻と夫とでそれほど差はありませんが、出産後は夫を愛している妻の割合がかなり下がっています。

子供が0歳の時は、45.5%、1歳で36.8%、そして2歳では34.0%になり、妊娠期か40.3%も減っています。さらに、夫の割合も同じく下がっていっています。

産後クライシスを防ぐことはできるのか

今回の調査で、出産後に愛情が下がった夫婦と下がらなかった夫婦で何が違うのでしょうか。

夫を愛している妻は、愛情が下がった妻より夫と一緒に過ごす時間を意識して作っている、と答えています。

また、夫が家族と一緒に過ごすことにしていることで、妻との愛情を維持できているのもポイントです。

子供が乳幼児の場合は、夫は30代の年齢層が多く、仕事に追われるため、育児になかなか関われる機会が少なくなります。

その分、育児に力を入れている妻に対して、感謝の言葉と伝えることがいい夫婦間を長続きさせるための秘訣になっています。

今後の夫の課題は、いくつも発見することができました。夫はどのようにして、仕事と育児をバランスよくこなしてくのか、妻に対してのサポートが求められます。

近年では、共働きの家庭が増加していることにより、子育てができる環境を整えることが難しくなっています。

そういった中で、どのように子育てに関わっていかなければいけないのかを、夫婦でしっかりと考えていかないといけません。

ですが、実際の問題として、夫婦の中で愛情の格差が生じていることから、夫婦間の問題が起こっています。

子供ができたときの幸せは、産後クライシスによって崩壊していっているのも、調査の結果からわかっています。子供が生まれてから、夫婦間、特に妻が夫に対する不安を爆発させてます。その内容について詳しくお伝えしていきます。

妻が最も怒りを感じる言葉の一つ

「誰のおかげで生活できると思ってるんだ」と言う夫の発言は、妻が最も怒りを感じる言葉のひとつです。

夫には家族を養っているのは俺だという強い自負があり、この言葉さえいえば、妻も子供も文句は言えまいと思っているのです。

しかし、言われた側にしてみれば、 「その通りです。稼いできてくれてありがとう」と思うわけがありません。

このように反論を言われて、怒りを我慢するか激しい夫婦喧嘩にまで発展するのがオチです。

しかし、専業主婦は夫に養ってもらっているのは事実なので、夫と対等な立場になりたいならば、自分も働きに出て経済力をつけることが必要です。

ただし、こういう言葉を言ってくる夫は、特に妻が働きに出ることを嫌がります。妻がお金を稼ぐようになると自分の存在意義が脅かされるという不安があるからです。

妻が働きに出るようにすると、夫は強く反対したり、抵抗したりします。けれども、妻が仕事を持って、お互いに自立した関係になった方がいいと思います。

今回のような誰に食わせてもらってるんだという口癖に対して、妻は私が家事を全部してあげているおかげで、あなたが外で稼いで来られるんじゃないと怒りがこみ上げてき、胃がきりきりと痛んでいます。

お金の賭け事やスマホゲームへの依存に注意

これもよくあるパターンになります。夫の浪費癖がひどい場合、お小遣いを何に使っているのか、が問題です。

タバコ代がかさむ、といった理由であれば健康面が心配ではありますが、ギャンブルにのめり込んでるような場合は注意が必要です。

ひどいケースで多いのは、夫がパチンコにはまり、妻に内緒で、消費者金融に100万円単位の借金をした、などのお金を借りると言った行動を取ることです。

鬱や不安障害などの精神疾患の人は、パチンコ依存症に陥りやすい傾向があります。

普通の人はパチンコ店の騒音環境には長時間いられないものですが、心の病んだ人はあの大音響の中でパチンコ玉の流れを眺めていると不思議と心が落ち着くそうです。

時には大当たりして高揚感を得られるので、癖になると言われています。一方で、若い人に目立つのが、スマホのゲーム、アプリへの依存です。

借金をするようなことはまれですが、家族でご飯を食べる時も夫がゲームを手放さない、という不満を抱えている妻が増えています。

お小遣いが足りなくなるとお金をせびる夫に、よくあることですが、お小遣いを勝手に値上げしてきて、仕方なく毎月渡している状況でも、すぐにお金を浪費してきます。

妻もやりくりに苦労している中で、家のローンや子供たちの教育費を常日頃から、考えていることからストレスが溜まっていきます。

実はお金のトラブルで3割の妻は真剣に離婚を考えている状況です。

2010年のgooランキングでは、「夫婦喧嘩の原因となる一言ランキング」というものが、発表されました。

これは妻が旦那に言われる一言でムカつく言葉をランキングにしたものです。非常に興味深い結果になったので、紹介させていただきます。

1位、専業主婦は楽だよな
2位、誰のおかげで飯が食えていると思っているんだ
3位、俺は働いているんだ
4位、子供の躾は妻の仕事だろ ?
5位、俺の方が疲れている
6位、おふくろの方が料理をちゃんと作ってくれた
7位、家にいるならちゃんと家事をしろよ
8位、気が利かないね
9位、仕事で忙しいんだよ
10位、おかずはこれだけ?

ちなみに、妻から言われてイラッとする一言は、以下になります。

1位、〇〇さんの旦那さんの稼ぎはすごくいいみたい
2位、ちっとも給料が上がらないのはなぜ?
3位、〇〇さんの旦那さんはいつもきちんとしている
4位、私の方が疲れている
5位、気が利かないね
6位、家事をしなくていい男性は楽だよね
7位、私だって働いているのよ
8位、ちゃんと仕事しているの?
9位、また飲み会?
10位、子供のしつけは夫の仕事でしょ?

今回の結果から、妻は夫の俺の稼ぎでお前たち家族を食わせてやっているんだという言葉や態度に怒りを感じ

夫は自分の稼ぎで家族を養っているというプライドを傷つけられることに対して怒りを感じているということになります。

また、2011年に損保ジャパンDIY生命が行った「夫婦の財布の紐調査」では、全国の既婚者900人にインタビューをしたところ、夫婦間でのお金のトラブルがある人は半数を超えており、トラブルを経験した妻の3割は離婚を考えたと言っている結果になりました。

この調査で、約56%の夫婦はお金のトラブルを経験したことになります。

お金の問題は日常的な夫婦喧嘩の火種になることだけでなく状況によっては、そこから真剣に離婚を考えるようになります。このようなお金が関わってくる夫婦のトラブルを防ぐにはどうしていけばいいのでしょうか。

金銭的トラブルを回避する方法

妻が外に出てお金を稼ぐことで心も体も家庭も安定する。

先ほどのようなお金の問題を解決するためには、”妻もお金を稼ぐこと”が重要だと言われています。

子供の面倒も見ないといけないのに、働きに出るなんてそんな簡単にできないわよ、と子供が幼くて家を空けられない状況である場合は 今すぐにはできないと思いますが、育児が一段落したら1日数時間のパート勤務でもいいので働きに出て、お金を稼ぐことをオススメします。

ここでのポイントは、専業主婦をやめてあなた自身でお金を稼いでいる、ということになります。 あなたが働きに出ることで多くのメリットを得ることができます。

1つ目が、 家計を支える収入源が2つになること。

万が一、夫がリストラにあったり、 病気で倒れたりする可能性もあるので、あなたが少しでも収入があれば家庭を支えることができます。

2つ目は、あなたが自由に使えるお金が増えたり、手に入れたりすることができます。

夫が家計を握り、妻は生活費しか渡されない家庭もあります。

そういった状況でも、あなたが自分で稼いでれば、生活費にあてることもでき、自分の買いたいものが買えるようになります。

あなたが自由に使えるお金があることで気持ちの余裕も出てきます。

3つ目が、家庭以外にもあなたの居場所を作ることができます。

子供が自立し、あなたの生きがいを見失ってしまい鬱になる人もいます。こういったことを避けるために、あなたが情熱を注げることを見つけることができ、外に出て仕事をすることが一番の対策になります。

4つ目が、夫の苦労を理解できることです。

毎日仕事に行き、お金を稼ぐことが、 どれだけストレスを抱え、大変かということを実感できます。

また、その経験を思い出すことができます。あなたも仕事を始めることで、毎日夫が仕事で抱える悩みや苦労、そしてどれだけ我慢しているか、について分かるようになります。

最後に一番あなたにとって大きなメリットになるのが、夫に私も外で働いているから家事を手伝ってと、言えるようになります。

専業主婦の場合であると、妻は家を守ること、夫は稼ぐこと、 という役割分担をしていることで、 夫もあなたの大変さを理解することが難しい状況になっています。

妻が家事に加えて仕事をするなら、夫もお仕事に加えて家事を分担するべきで、あなたも堂々と夫に伝えることができます。

あなたが働きに出ることで、夫も家事を手伝うようになり、仕事とは違う家事の大変さを経験させることで、あなたへの苦労を理解することでしょう。

このような環境から、カウンセリングを受ける主婦の方が増えています。解決策として、カウンセラーから提案されるのが、あなたも働きに出る、という内容です。

実際に、夫と相談して働きに出た女性は、充実した毎日を送ることができています。

ですが、家族に不自由な思いをさせたくないという夫の場合は、あなたが働きに出ることに対して、反対するケースが多いです。

これは、男のメンツが傷つけられる、自分の優位性が揺らぐ、と言った心理状態です。お金には困っていないはずと、反論されたり、職場で浮気をするのではないかと、何かしらの意見を言ってくることも考えられます。

ここで、夫から反対されても、あなたの今後を考えれば、あなたのやりがいを見つけるためだったり、カウンセラーから治療の一環として指示を受けたなど、夫のプライドを傷つけないような言い方で説得するようにしましょう。

何度もあなたが旦那を説得することで働きに出ることを認めてくれるケースがほとんどです。

仮に、このままあなたが今の状況を続けるとなると今度は、ストレスが溜まり、「主人在宅ストレス症候群」になる可能性があります。

主人在宅ストレス症候群とは?

この症状は、夫が家にいることでストレスが溜まり、発症する病気と言われています。

この症状は、身体的な原因だけでなく、心理的なことも原因とされています。

いわゆる心身症と言われていますが、心身症には色々な症状があり、この主人在宅ストレス症候群も発症の仕方には個人差があり、症状も異なります。

一例ではありますが、うつ病になったり高血圧になったり、さらに、喘息になった人もいます。ひどい場合には、激しい発作と不安から電車に乗るのも困難になりパニック障害に陥る人もいます。

この症状の特徴として、夫が妻にストレスを与え続けることで発症するものとされており、さらに問題は、ストレスの原因である夫が妻にストレスを与えていることを全く自覚しておらず、自分が原因であることに気づかないでいることです。

20代、30代にも、発症するのが、主人在宅ストレス症候群です。 この症状は、 夫の定年退職を気に発症すると言われていましたが、近年では20代、30代の女性も発症することが確認されています。

新婚夫婦は育児の問題でトラブルが起こりやすい

どうしても夫にも子育てを手伝ってもらいたい状況が必ず出てくる中で、夫のある対応があることで、夫を育児に参加させない方がいい場合もあります。

つまり、夫は子育てに口を出さない方がいいということです。 あなたが夫に対して、イラッとくるポイントの1つが、子供の悪いところは全てお前のせいだ、と言われた時です。

体型や性格、苦手科目など”子供の悪いと思われることはすべてお前に似たからだ”と言ってくる夫に対して、想像以上のストレスが溜まる場合があります。

家族よりも仕事、家族の団らんよりも自分の趣味を優先してしまい、育児は全てあなたに任せっきりの状態であるにも関わらず、子供が何か悪いことをしたら、責められてしまいます。

家族に対して何もしないのに、文句だけ一方的に言うことが、あなたのストレスの原因となっています。

夫は子育てにうるさく口を出さない方が、子供のためにいいと考えられています。

例えば、子供の不登校やうつ、家庭内暴力などの問題に悩む家庭を考えてみると、子供達のストレスの多くが厳しすぎる父親のしつけや過剰な期待が負担になっています。

こういった場合、母親が子育てを中心的に行い、父親は妻が育児に専念できるようにサポートするのがベストだとされています。

ですが、子供の教育を妻に全て任せておきながら気に入らないことがあるたびに、妻に文句を言うような夫には問題があります。

妻が精神的に追い詰められてしまうので、子育ての負担抱えている妻を旦那がサポートしていく姿勢が重要になってきます。

もし子供に何かあった時は、妻に責任を押し付けずに夫は無責任な態度をとってはいけません。ここで意識しておくことは、家庭に起こる問題は全て家族全員の問題ということです。

出産後は夫も不安になる

子供が生まれたことで、夫は妻に甘えてくるようになります。

この時に、子供より、夫を優先しないと不機嫌になったり、怒り出したりするので始末が悪い状況になります。

あなたのイラッとするポイントとして、子供の授乳などで忙しい時に、夫に”着替えはどこにあるの?”と言ってくることで、 イライラしますよね。

ここで男性の心理状況を考えると、幼稚な考えがあります。

赤ちゃんが生まれると、上の子が赤ちゃん返りをして母親にべったり甘えたり、駄々をこねたりするのと同じことです。

この場合は、子供がもう1人いると思って半分あきらめて、ストレスをためないようにうまいこと流すようにしましょう。

子供1人を見るのも大変なのに、夫がこんな状態だと”ウザイ”ですよね。

中には、”カワイイ”と思う人もいるかもしれませんが、結婚してお父さんになる人から甘えられても、やはり”鬱陶しい”ですね。

こんなことで、ストレスを溜めないように注意しましょう。

出産前後の女性は、女性ホルモンのバランスが崩れて、心身ともに様々な不調が出てきます。ですが、あなただけではなく、夫も精神的に不安定になることがあります。

母親になった女性が産後に陥るうつ状態である”マタニティブルー”は、実は”パタニティーブルー”という症状もあり、これによって父親となるプレッシャーや不安があります。

また、出産後の女性は、授乳で女性ホルモンの分泌が抑制される上、育児による疲労もあって、気持ちがセックスに向かないことが少なくありません。

ですが、夫の性的欲求には変化がないため、このような時期には、セックスに対してすれ違いが起こってしまう場合もあります。

出産のタイミングで夫婦関係に変化が出てきて、夫婦の仲が悪くなってしまうことにつながっていきます。

イライラから子供に対して手をあげる夫の対応策

気分屋でキレやすい夫にはいつもヒヤヒヤしてしまいます。

機嫌の悪い時はちょっとでも自分の思い通りにいかないと、何も言わずに感情的に怒鳴り散らしてしまいます。

子供にも当たることが多く、子供に手をあげてしまうこともあるので、常に心配している状況です。 この場合は、医師などの専門家に相談することをオススメします。

しつけとして子供が悪いことをした際に厳しく叱るのは親として当然です。

ですが、自分のストレスを減らすために、むやみに子供を怒鳴りつけてさらには手を出したりするのは単なる八つ当たりです。

夫も会社で相当なストレスを抱えて精神的に不調をきたしている恐れがある状況も考えられます。

こういった場合はストレスが自分でうまく管理できない状況になっているので、あなたが相談に乗ってあげたりして、 気持ちを切り替えてあげることの必要です。

ここで夫の行動を放置しておくとますますエスカレートして子供に暴力を振るうことは当たり前になってしまうかもしれません。

夫に暴力を振るわれている子供もそれを目の当たりにしているあなたも家族みんなが精神的に大きなストレスやダメージを受け続けることになります。

そういった状況をすぐに解決するために、医師などの専門家に相談をするようにしましょう。

あなたの家の前でいい顔をしている

普段は体の具合が悪くても、家事など一切手伝わないのに、あなたの実家に帰った時だけいい夫を演じて、あなたの親にアピールしています。

今まで言ったことなかったような”俺が片付けるから座っていな”などと家事を手伝って見せたり、肩を揉んだりして、家では絶対しないのに、親からの評判がいいのは腹が立ちますよね。

この場合は、気が済むまで夫に良い格好させましょう。

あなたの両親の前でしかいい旦那にならないので、思いやりのある夫ぶりをアピールさせておけばいいのです。

こういった外面だけいい夫は、妻にとってイラッとくる存在とも言えるでしょう。

”ちゃんとやればできるのに”、”なんでいつもしてくれないんだろう”、と頭にくることもありますし、あなたの両親は普段の姿を知らないので、あなたが夫に対するグチを両親に言っても、理解してもらえずに、いい旦那と一言で片付けられてしまうこともあります。

こういう夫に対して、親の前だけでいい顔をするなと怒ってもしょうがないことです。

こんなところで、イライラするだけでも、あなたは損するだけです。

そこで、親の前だけいい顔をせざるを得ないことを逆手にとって、実家ではわがままに振る舞って、動いてもらい、日頃の鬱憤を晴らしてみてはいかがでしょうか。

この他にも親との関係でよくある夫婦のいざこざに、夫の実家との付き合いばかり優先されてしまい、私の家族に対して、夫があまりにも無関心であるといったこともあります。

結婚したのだから私の両親も自分の親と同じくらい大切にしてほしい、と思うのは当たり前です。

しかし、あなたの両親に夫が必要以上に関心を寄せるも鬱陶しいと感じてしまいます。

あまり、近すぎる距離に旦那を置かない方がかえって、あなたにストレスがかからなくてちょうどいいのではないでしょうか。

夫にやってくれたら嬉しいことを伝える

これまでお伝えした通り、夫の何気ない行動や夫の存在に対する不平不満がストレスとなってあなたの体や心をむしばんでいきます。

いくら薬などでイライラを抑えようとしても、夫に対するストレスを根本的になおさない限り、これからもずっと夫に苦しめ続けられます。

夫との関係を見直して体調を崩すような大きなストレスを感じずにすまないようにするために、夫婦関係を考え直す必要があります。

これが根本的なストレスを取り除くために必要なことになります。

ここでは今すぐあなたに実践してもらえる処方箋を紹介させていただきます。

お互いにストレスにならない夫婦関係を作っていくために役立つ方法となっているので、夫にイラッとすることが多く困っているのであれば是非参考にしてみてください。

今あなたの状況が同じ空気を吸うのも嫌と言った状態であれば、すでにうつに近い状態になっているかもしれません。

なので、医師の診察を受けることを強くオススメします。

うつの状態になってしまうと脳のエネルギー源であるセロトニンが不足してしまい冷静に物事を判断することができなくなると言われています。

これがきっかけで細かいことはどうでもいいやと思える余裕がなくなってしまいます。

夫の存在が許せないことから冷静さが失われています。うつ状態以外の人は、これから紹介させていただく内容を試してみてください。

鬱なのかもしれないと考えている人は、すぐに医師への受診を行ってください。

夫に対する不満や不安を大きく分けるとすると、”男女の考えの違いからくること”、もう1つが”夫を反省させ、改善してもらうこと”に分けることができます。

考えの違いがあるということを理解すれば、男性はこういう生き物と、諦めることが肝心です。

また、自分の不満をぶつけて夫に改善をしてもらうように心がけてもらうことを伝えましょう。

あなたのストレスを軽減させるためにも、夫にあなたが変えてほしいところを伝えていくことも大切です。

日常的によくあることといえば、使ったものを片付けずだしっぱなしにする、ことに対して、ただ頭ごなしに言うだけではなくて、”やってくれたら嬉しいな”程度の伝えることで、口喧嘩をせずに、夫も片づけると、いいことをしたと思い、気分良く動いてくれます。

ストレス発散方法 喜怒哀楽を爆発させる

夫に対するストレスを発散する方法として、あなた一人で日々の怒りや不満をスッキリさせられる方法があります。

夫へのイライラをぐっと我慢して溜め込んでいると、あなたの堪忍袋がいつ爆発するか分かりません。

あなたも状況を見てその場その場で早めにストレスを発散させましょう。

1、期待するのをやめる

やってくれると嬉しいことを伝えた後に、女性であるなら、夫が次からやってくれるのではないか、と期待してしまいますよね。

ですが、その期待が裏切られた瞬間にあなたに降りかかるイライラは計り知れないものになってしまいます。

期待するのであれば、できてあたり前ではなく、できればラッキーくらいに思っておいた方が後でがっかりすることもありません。

2、大きな声を出す・大声で叫ぶ

大声で叫ぶとイライラした気分がすっきりしますですが、ひと気のない海に向かって叫ぶことは理想的ではありますが、そんな状況はなかなか作れるものではありません。

そこでオススメなのはカラオケです。個室で感情移入できる曲を思いっきり歌い、マイクで夫への文句を叫ぶは気分もスッキリします。

3、泣く

映画やドラマ小説音楽など自分が感情移入できるものを利用して、思いっきり泣くようにしましょう。

ストレスが涙と一緒に流れないと後はスッキリします。普段我慢強い人ほど効果的です。

4、愚痴を言う

仲の良い気を使わない友人などを相手に今あなたが置かれている内容を説明して、あなたの不安や怒りを感じた出来事を話しましょう。

聞き上手な人をを選ぶことがポイントです。

電話でも直接会って話をしても、声を出すことで効果が得られ易いです。

もちろんメールやTwitterなどでもOKです。

5、物に当たる

人や動物に向ける暴力はいけませんが、ぬいぐるみを殴りつけるなど物に当たるなら問題はありません。

また、バッティングセンターやボクシングジムなどボールやサンドバッグを使ってどつき回すこともオススメです。

6、秘密を持つ

ここでの秘密は、”家庭の生活を壊す”という秘密ではなく、夫に内緒で、高い買い物をしてみたり、普段では食べられない高級料理を食べに行ったりすることです。

普段のあなたの大変さを考えれば、家庭の生活に問題が出ない程度の楽しめれば問題はありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は産後や子供ができたことで起こる夫のイライラについてご紹介させていただきました。

出産や子供が生まれたタイミングで、夫に対するストレスは、想像以上に強いものになります。

相手に言われてイラッとくる言葉ランキングや様々な事例を紹介させていただき、その対処方法もお伝えさせていただきたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回の記事で少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

あなたの希望は?