旦那が嫌いで仕方がないので離婚したいけど子供のために出来ない

  • LINEで送る

あんたと浮気相手に慰謝料請求するから、今のうちに頑張って働けよ。この猿が!、と社内の女性社員と浮気している旦那への本音がこぼれています。

離婚したくない理由として、子供を理由にあげています。しかし、旦那は女性とは別れると言いながら、なぜまだ電話しているのか、そことが理解ができません。

今まで妻も至らない点があったことは、多かったと自覚はしているのですが、それにしてもこんな仕打ちはないだろ、と一番してはいけない裏切りをしてんだよっ!

とあなたが怒りに満ちている状況で、これからあなたが何をしていくべきか、今回はご紹介させていただきます。

目次(クリックすると自動で飛びます。)

離婚を決める前の注意点

夫婦で喧嘩したり、別居しても夫は変わる様子を見せません。

”もう、こんなの耐えられない”、という状態になると次の選択肢は離婚となります。

夫がストレスの原因となっていることであなたが体も心も疲れきっています。

夫と別れることができれば、今の不調は改善することができるでしょう。しかし、離婚と言うと最終決断に踏み切る前に、注意すべきポイントがいくつかあります。

1、うつ状態の時は重大な決断をしてはいけません

男性の例になりますが、更年期外来の患者さんで5人のうち1人は初診時に仕事を辞めたいと言いますが、退職届はしばらく出してはいけないと医師から指示を受けました。

患者さん本人は仕事がつまらない、人間関係に疲れた、と様々な理由を受けていますが、大概の理由はうつ状態であることからそういった考えに陥ります。

うつ状態になると、脳のエネルギー源であるセロトニンが入り、疲れ果てて、思い出したくないことがフラッシュバックしていくので、思考もネガティブ思考になります。

ところが数ヶ月間の治療でうつ状態が改善するとやめたいという気持ちも消えていきます。

今あなたが抱える不調に対しても離婚しかないという考えもこれに近いケースがあります。うつ状態から改善すれば冷静になれるのでまずは治療を優先してください。

2、あらゆる解決策を試してから判断する

あなたの不調の原因は夫ではありますが、夫の存在をストレスと感じる妻の側にも、もちろん問題はあります。

ストレスの対処法や夫との関係の築き方を知らなければ、別の相手と再婚しても同じような不調を繰り返すことになります。

離婚後に同じ失敗をしないためにも、離婚を決断する前に夫婦間でしっかりとしたコミュニケーションをとることが必要です。

3、経済的に生活が成り立つかを検討しておく

離婚してあなたが現在の不調から解放されたとしても、経済的な拠り所がないと生活が立ち行かなくなり、妻にとって離婚は大きなダメージになることが少なくありません。

総務省の家計調査によると、単身世帯の1か月間の手術は平均151,082円となっており、離婚して1人で暮らすとしても、毎月これくらいの収入を得られるのかしっかりと検討しておきましょう。

また、2007年4月から離婚時の年金分割制度がスタートし、世間では熟年離婚がしやすくなったと言われています。

しかし、年金分割では離婚後に夫婦が別々に暮らすのに十分な生活資金が得られないのが現実です。

夫の年金受給額の半分を妻がもらえると誤解している女性は多いですが、対象となるのは婚約期間中に納めた厚生年金保険料の最大1/2までとされているので、自営業などで国民年金のみに加入している場合は対象外となります。

離婚時の財産や退職金の分与についても細かいルールがあるため、一通り勉強してから離婚を検討しましょう。

ここで紹介した3点をクリアして、やはり離婚がベストだと考えるならば、それも1つの道としておすすめします。

円満に離婚できれば、あなたの不調も嘘のように解消することができるので、 一概に離婚が最悪の選択とは言えません。

仲が悪い夫婦で数日の別居から長期の別居になり、さらに離婚へ発展したケースもあります。

しかし、本人たちにとってはハッピーエンドで一種の通い婚状態で仲良くやっていたり、わだかまりなく会える関係になったりすることもあるようです。

1度は愛し合って結婚したら人生のパートナーなので、離婚するにしてもお互い傷つけ合わずに別れたいものですね。

離婚について知っておく

一緒に人生を歩きたいから結婚する、それが無理だから離婚するそんな単純なイメージで離婚を考えてはいないでしょうか。

そもそも離婚とは法律上の手続きであり、離婚届を市区町村役場に提出するという手続きを必要とします。

法律に基づいて処理されるということは必ず決めておかなければならない決まりがあるということです。

一方で、法律上では明確に決めようと求められない部分もあります。財産の分け方などがこれにあたります。

このような決めておくかどうかの判断が当事者に任されている部分については、自分自身で解決しなければならないということを知っておきましょう。

離婚についての法的な決まりを知り、その上で財産などの対策をあらかじめ知っておくこうすることで後々困らないようにできるのです。

クリアしなければいけない2つの条件

ここでは離婚する際に絶対にクリアしないといけない条件をを紹介させていただきます。

1つ目はお互いに離婚することに合意することです。

また、法律上の離婚理由があることになります。日本の憲法では結婚においてお互いの合意が必要と定めており、離婚がそれを解消する時にも、合意または明確な離婚理由が必要とされています。

離婚したいからと言って、一方的に別れることはできません。

離婚したい側にとっては相手に離婚に合意させること、離婚したくない側は合意できない理由をいかに説得力を持たせるか、が重要になるのです。

2つ目は、未成年の子供がいる場合は、子供の親権者を決めることです。

これは夫婦が共同で子供を守り、育てていかなくてはいけませんが、離婚の手続きをする時点で別れた後には、どちらが親の役割を果たすのかを決めなければいけません。

離婚届には離婚後に子供の養育について、責任を持つ人親権者を記載する欄があります。未成年の子供がいる場合は親権者を決めて親権者の名前を記載しないと離婚届は受理されません。

離婚届に記入欄があるもの

離婚届には養育費の分担と面会交流について取り決めの理由をチェックする欄を設けられています。

これは2011年の民法の改正で子供の利益を優先するために導入されました。ただし、養育費と面会交流についての記入は離婚届を受理するための要件となっているわけではありません。

未記入の場合でも離婚届は受理されます。また後でこの内容では終われないのであれば、夫婦できちんと話すことが大切です

離婚時に決めておく3つのこと

  1. お互いが離婚に合意する
  2. 子供の親権者を決める
  3. 養育費と面会交流を決める

離婚の際に夫婦がもめるポイントとなるのは、”離婚の合意”と”子供の親権者”を決めることです。

この2つは手続き上の重要な要素であると同時に揉めるポイントでもあります。話すポイントを冷静に見つけることは必要ですが、共通の知人や弁護士などを通じて決めるのも1つの方法です。

離婚するためにはどんな方法があるの

1、夫婦が自力で解決する協議離婚

お互いが離婚に合意する子供の親権者を決める。

この2点をクリアすれば離婚届を提出でき、離婚が成立します。その際には子供のことや夫婦で共有したい財産をどう分けるかについて決めておくことも必要です。

これらの問題について夫婦で話し合って結論を出すのが協議離婚です。協議離婚は最も一般的な離婚の方法であり、日本では離婚全体の90%が協議離婚どうなっています。

夫婦で納得できる結論が出なかった場合、あるいはそもそも協議できない場合は裁判所を通じて第三者調停委員を間に立てることになります。

調停委員はお互いの言い分を公正な立場で開き、前例や社会の良識なども踏まえ、この条件ならお互いに納得できるのではないかという案を出します。

そのお二人が受け止めれば、調停離婚が成立します。どちらか一方が納得しなければ調停は続き、どうしても決着がつかなければ、結論が出ないまま終了します。

裁判所が離婚を言い渡す場合は裁判離婚となりますが実例はほとんどありません。

2、最終的に裁判で決着をつける

調停で決着がつかない場合は最後の手段としてOKで、決着をつけるのが裁判離婚になります。

離婚を止めて裁判を起こすためには法律が定める履行裁判をすると必ず結論が出ますし、判決の内容には法的な強制力があります。

正しい弁護士は証拠集めに費用がかかり、結論が出るまでに時間もかかります。なお判決を待たずに裁判の途中で和解することもできます。起こされた側が利益を全面的に認めると認諾離婚が成立します。

3、新婚生活が嫌になったので調停で離婚したい

法律には離婚するための理由が定められていますが、この理由が問われるのは裁判に移行を目指す時だけになります。

ただし、調停では世間的な様式が考慮されるので、このような曖昧で身勝手な理由だと不利な条件で離婚しなければならない場合もあります。他に夫婦関係が破綻している証拠を集めた方が良いでしょう。

離婚をするときの大きなステップは3つ

夫婦が合意すれば離婚できます。 離婚する大まかな流れとして、協議離婚、調停離婚、裁判離婚の離婚を考える時にとても重要なプロセスになります。

協議離婚は夫婦の話し合いだけで離婚を成立させられる方法になります。お互いが離婚を合意し、市区町村役場に離婚届を提出受理すれば成立します。

協議離婚のメリットは費用と手間がかからないので、合意すればすぐに離婚できるという点です。離婚届には離婚事由の記入は不要です。

夫婦が合意していればどんな理由で離婚しても構わないのです。しかし、夫婦で合意できない限りいつまでたっても離婚ができないというデメリットがあります。

慰謝料や養育費などお金に関する話し合いが曖昧なまま離婚すると後でトラブルに発展する恐れがあります。また話し合いの中で、 結論としては不本意なのにとにかく離婚したいと言った理由で合意をしてしまうケースが多いのが実情です。

1、調停を利用して解決を図る

調停離婚では2人の調停員と裁判官からなる調停委員会が夫婦それぞれの意見を調整し解決に向けたアドバイスを行います。

第三者が間に入ることで冷静に話し合いを進めることができ、話し合うないように漏れがなくなります。調停委員会は双方が合意したところで、調停調書を作成します。

一方でお互いに歩み寄りができなければ、いつまでも調停は続き、未解決のまま調停が終了することもあります。

また調停では自分勝手な理由での離婚は認められません。社会の良識に合っているかは、調停委員会によって問われます。

2、裁判所の判決で決着をつける

裁判離婚では離婚するかどうかだけでなく、子供の親権をどうするか夫婦の共有財産をどうするのか、将来の年金はどう分けるのかといった問題について同じ手続きの中で決めていく必要があります。

離婚裁判では法に基づいた公平な判決が下され、判決に従わない場合は、強制的に応じさせることができます。

一方で裁判を有利に進めるための証拠集め、相手の言い分に説得力のある反応をしなければなりません。

通常は弁護士に利用して裁判を進めるため、その費用を負担する必要があります。または法律で決められた理由がないと裁判を起こすことができません。

さらに見知らぬ他人が裁判を聞くことができるといったデメリットがあります。

3、子供がいる場合に必要な準備

親権争いに向けて準備する。子供がいる場合、必ず親権者を決めなければ離婚は成立させることはできません。

両親のどちらかが親権者になるので場合によっては、親権を巡って争いが起こることも考えられます。

まずは自分が親権者になりたいかどうかを考え、親権者になりたい場合は準備を進めましょう。 親権者を決める時に大きな判断要素の一つとなるのが子供の現在の生活です。

子供を保護して育てている親が親権者としてふさわしいと判断される可能性があるということです。

そのため親権者になりたいと考えるときの準備は、子供を手放せないようにすることです。離婚に向けて別居するときには必ず子供を渡さないことが大切です。

1度子供と離れてしまうと後で引き取りたいと思っても拒否されるケースが多いので難しくなると知っておきましょう。

子供の生活費を試算しておく

離婚によって子供の生活が脅かされるようなことがあってはなりません。離婚後、未成年の子供は独り立ちするまで養育費を受け取る権利があります。

離婚にあたっては両親がどのように養育費を負担するかを話し合うことになります。

それに備えて子供の生活費はどの程度必要なのかを算出しておくことも必要です。

まず夫婦それぞれの収入を把握した上で食事会の費用は教育費医療費などがどれだけかかるのかを確認していきます。

ちなみに保険会社のウェブサイトなどでは、進学先に応じた教育費の目安などが掲載されているので非常に参考になります。

引用:http://www.hokepon.com/column/school_expenses.html

子供の進学先を確認しておく

子供を連れて引っ越しを検討する場合は、子供の学校の転校手続きや保育園・幼稚園の転園を考える必要があります。

子供の進学時期などに合わせて離婚のタイミングを決定するのも1つの方法です。手続きについては市区町村役所でそれぞれの学校に確認しておきましょう。

ひとり親家庭は保育園の入園が優先されやすくなりますが、時期によっては待機児童数が多く、すぐに入園できるとは限りません。

仕事をしていることも入園の優先条件となることが多いため、専業主婦の人は就職の準備も進めておく必要があります。

仕事を持ちながら子育てをするときは、放課後あるいは病気の時の子供の預け先を調べておくことも大切です。

ひとり親家庭が受けられている手当や支援もあるので、市区町村役場の窓口で話を聞いておくことも大切です。

子供連れで離婚する時の準備

ポイント1、子供と離れない
ポイント2、養育費を確認する
ポイント3、進学先を確認する
ポイント4、手当を確認する

保育園の種類

認可保育園とは国が定めた設置基準を満たし、都道府県知事が認可した保育園のことを言います。

認可保育園は公費で運営されており、一方で認証保育園は自治体の基準を満たし、助成を受けて運営されている保育施設のことを言います。

どちらとも保育料や申し込み方法が違うので興味がある場合は調べてみましょう。

保育園の入退園手続き、小中学校の転校手続きのやり方

離婚後に幼い子供を抱えて働くことになったら、認可保育園への入園を検討しましょう。ひとり親家庭の子どもは優先的に入園させてくれます。

親が働いてることが原則ですが、今は無職でも仕事探しをしているならば受け入れてもらいます。また家庭生活支援員がひとり親の子育てから支援や生活援助をする公的事業もあります。

認可保育園のお手続き窓口は公立私立に関係なく、自治体になります。入園申告書や就労証明書などの必要書類を提出します。退園する場合は退園届けを提出します。

ゆとりを持って届け出ないと規定の期間までの保育料を支払うことになるかもしれません。小学生の場合、学童保育を利用できます。放課後子ども教室やボランティアが子供の勉強をみる公的事業もあります。

小中学校の転校手続き

離婚後に引っ越す場合は、子供の夏休みなどの長期期間の休みに合わせましょう。時間をかけて言葉が新しい環境に慣れるようにします。

その休暇中に1回は引っ越し前の場所へ遊びに行かせ、これまでの学校の友達とコンタクトが取れるようにすれば、子供の3日間を和らげることができます。

子供だけではなく自分も早めに転居先のご近所とコミュニケーションを取るようにしましょう。

子供の安全を守るにはこう言った大人の女性が一番信頼できる相談相手がいれば気が軽くなります。

転校手続きは公立の場合、引越し先の転入届を出す際に転出証明書などの書類を提示すれば、転入学通知書が発行されます。

指定された学校に転校書類と転入学通知書を提出すれば、手続き完了です。

転校用の書類はこれまでの学校にあらかじめ連絡しておけば、子供が通学する最終日にもらえます。私立の場合は直接学校に問い合わせてみてください。

離婚の意思を伝えるタイミングと方法

配偶者への伝え方

離婚するという気持ちが固まり離婚後の不安要素を解消して準備も整ったのであれば、相手に伝えるようにしましょう。

自分の気持ちを伝えたいことには何も進んでいきません。伝え方は対面して、口頭で伝える方法が基本です。

メールや手紙などを伝える方法もありますが、記録として後々のことは忘れないでください。裁判になった時に相手からこちらに不利な証拠として出される可能性もあります。

どのような手段で伝える場合も最初の内容は冷静かつシンプルに離婚したいということだけ伝えましょう。

まず、離婚したい気持ちを理解してもらうことが大切です。条件などは追い詰めていくことにしましょう。伝える際はくれぐれも感情的になってはいけません。

一方的にならず配偶者の気持ちを聞いてあげてください。離婚したい理由が DVの場合は弁護士などを第三者に間に入ってもらいましょう。

家族や子供への伝え方

親や兄弟姉妹で伝える際には離婚後の生活の見通しも合わせて話すなど余計な心配をかけないように配慮が必要です。

力になってほしいことがあれば合わせてお願いすると良いでしょう。特に子供を連れての離婚の場合は、周囲の協力が得られれば大変心強いものになります。

子供に伝えるときも子供が理解できる年頃であれば、ごまかしたりせずに真実を話すようにしましょう。

離婚することを決断して良かったとは思え、前向きな気持ちを伝えれば、子供も少しは安心するでしょう。

離婚して配偶者は子供にとっては、唯一の父親です。子供の心を傷つけないためにも配偶者を悪く言うのはやめましょう。

実際にあった離婚パート1

子供の自立をきっかけに離婚する。熟年離婚で多いのが価値観の違いで性格の不一致が積み重なり、子供の自立などをきっかけに離婚を決断するパターンがあります。

熟年離婚を考えるときに重要なのは離婚後の生活資金を確保できるかどうかです。専業主婦の場合、離婚後にも定期収入を得られるのが一番ですが、高齢になるほど仕事をできる機会は減ってきます。

配偶者の退職が迫っている、あるいは退職後間もない時は退職金を財産分与として請求できる場合もあるので確認しておきたいところです。

また将来、夫が受け取る年金額の半分をもらえると誤解されがちですが、実際に分割の対象となるのは婚姻期間中の厚生年金です。国民年金を分割できないのは注意が必要です。

離婚後の定期収入を確保する

結婚中も仕事をしていた人は引き続き就業できる環境を整えます。無職の人は新たに仕事を探す必要があります。ハローワークでは中高年向けの求人紹介のみ行われています。

サラリーマンや公務員の妻だった場合はどの程度年金を分割して受け取ることができるか、年金事務所で持参しておきましょう。

退職金財産分与に含める

配偶者の退職金の支払い前後は退職金を財産分与の対象となります。退職金の支払いがまだ行われていない場合は、確実に支払われているかを確認しておきます。

既に支払いがあった場合は、残金がどの程度あるかを確認しておきます。専業主婦の場合退職金は離婚後の生活資金となります。

実際にあった離婚パート2

夫が多額の借金をしていました。

婚姻期間中に相手が消費者金融で多額の借金をしてキャンプに費やしていた浮気相手に混んでいたという場合は、夫婦の生活には無関係の借金ですので、財産分与の計算をする時に差し引かれずに済むのが一般的です。

正しい相手の借金が多い場合財産分与や慰謝料などを十分に獲得できない可能性が高くなり、離婚後の生活設計にも支障が出ます。

相手の借金が疑われる時は相手が借金を隠していないか、どれだけ借金があるかを確認しておく必要があります。

同時にこれ以上借金を増やさないための手段も検討します。消費者金融の利用明細書やカード会社からの請求書などは相手が多額の借金をした証拠として活用できます。

相手に借金がある場合の対処方法

◆借金の事実を証明する

消費者金融の利用明細書やカード会社空の請求書などがあればコピーしておきましょう。

借金の額は把握できるだけではなく、調停や裁判で相手に多額の借金があることを証明する材料となります。

具体的な方法

  • 購入した贅沢品の写真を撮る
  • 生活費が入っていない預金通帳をコピーする
  • 消費者金融からの請求書をコピーする

◆借金をこれ以上増やさせない

日本貸金業協会に申告することにより、一定期間借金が出来ないようにできます。本人の届けが原則ですが、親族などの条件を満たせば申告することができます。登録手数料などの費用もかかりません。

具体的な方法

  • 電話をした上で協会で直接申告する
  • 郵送で申告を行う

日本貸金業協会

離婚届の作成方法、届け出先

協議離婚の届出は夫と妻と成人の証人2人以上が口頭で、または署名した書類により行うことになっていますが、実際には区役所町村役場の窓口で口頭で停止することは行われておらず、戸籍法に則った書類に必要事項を記載して夫婦は直筆で署名を押印を行い、成年の証人二人の署名をしてもらい、この書類を提出します。

離婚届の用紙は市区役所町村役場にあります。離婚届を出す人は結婚届を出した経験があるはずですので容量は同じです。

婚約破棄について

◆別居して1年以内に離婚する夫婦が多い

別居してから離婚に至るまでの期間で、圧倒的に多いのは1年未満になります。厚生労働省の離婚に関する統計の結果によると、別居後に離婚した夫婦はなんと82.5%も占めます。

これは同居中には離婚を拒否していたり、待っていたりした場合も別居することで諦めがつき、2人の気持ちが急速に離婚へ傾いていくことを表しています。

ちなみに別居期間が1年未満で離婚した夫婦は82.5%、1年以上5年未満で12.8%、5年以上が4.7%です。

1、結婚直後の離婚

厚生労働省の人口動態調査では昭和25年、1年間の日本の離婚件数は183,600件で、同居開始後5年未満の夫婦の離婚件数は154,000件でした。

この時同居開始後20年を超える夫婦の離婚件数はわずか3,000件弱となりました。

そして、平成26年一年間の離婚件数は 222,107件、同居開始55年未満に夫婦が離婚する件数は約7万件、同居開始後20年以上の夫婦の離婚件数は36,800件です。

この6年間で離婚件数は2.7倍に増えているのに、同居開始後の5年未満の夫婦の離婚件数は1.3倍しか増えておらず、同居開始20年以上の夫婦の離婚は約12倍以上も増えています。

子供がある程度大きくなった夫婦は、すでに成人したと推定される夫婦の離婚件数が増えていることは明確です。

2、結婚直後の離婚に関する問題点

結婚直後の離婚紛争は結婚期間が短期間で終わり、角の立つこじれたものになりがちです。それは夫婦だけの問題でなく、双方の親親族を巻き込んだ対立になりがちだからです。

離婚理由の不鮮明さがここでは現れています。

もちろん結婚早々の異性関係暴力など離婚一般に共通するようもありますが、そうではなくて一方からのこの結婚生活は破綻するのに違いないからと言った理由で結婚を切り出される場合があります。

相手としては今ひとつはっきりした理由もなく、離婚を切り出されていることにも、分からず納得できない気持ちが強まります。

具体的に特定したわけではなく、生活感覚が違う結婚前に約束した暮らし方を実行できていない人が多く、結婚してから人が変わったみたいに金銭に細かく、家事が雑などと言うことで離婚を求められた側は結婚生活を継続する中でお互いに認識修正をしておくべきではないかと思うわけです。

そして、その時の離婚紛争では周囲の子たちの多くは離婚を言い出した側にも言われて、一時的に逆上したが離婚に対してブレーキよりもアクセルを踏みがちです。

早いうちに別れて出直した方がいいという判断に落ち着くのです。特に子供がいない夫婦は子供もいないことだし、と双方が納得します。

これはやはり近年離婚に対する世間の認識が変わり、離婚自体を世間体が悪い恥ずかしいこと、と見ることがなくなったことによるものでしょう。

まとめ

今回は夫が原因で離婚をしたいと考えている方に向けて、円満に離婚できる方法を記載させていただきました。

ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。今回の記事で少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

あなたの希望は?