新婚生活のギャップの違いでストレスになり旦那が嫌いになる

  • LINEで送る

新婚生活が始まって、思っていた生活と違うことに気づき始めてしまい、それが思った以上にストレスになっています。

一人暮らし、実家暮らしだったことから、引っ越したことで環境が変わってしまい、共同生活を行っていることで、生活が180度変わった環境になってしまったので、まだ馴染めていない状況になっていることが原因かもしれません。

それに加えて、あんなに良く見えていた夫に対して、付き合っていたころと違う!と思うことも多くなっていき、気づいたら夫に対する愛情がだんだん憎しみに変わってきていることに気付いてしまったのではないでしょうか。

結婚して1年以内に離婚してしまう「スピード離婚」、「新婚離婚」と言った言葉も流行ってきています。

あなたが妊娠したことで、ホルモンバランスが崩れてしまい、自分のコントロールがきかなくなるだけではなく、イライラが止まらない状況にもなっている状況です。

今回はそんなあなたの状況に加えて、夫のがあなたに気も使わずに生活していることがムカつく状況についてご紹介していきます。

新婚なのに離婚したくなってしまう!?

結婚についてもひと昔前とは違ってきていて、20代前半で結婚するカップルも多くなっています。

新婚が増えていく一方で離婚率も多くなっており、結婚から離婚するまでの生活期間が非常に短くなってきています。

特に最近では、30代の夫婦の離婚が目立っていると言われています。それに伴い、初婚の離婚のうち2割は、5年以内に離婚をしているという検証結果も出ています。

1、スピード婚の落とし穴

このようなスピード婚は2つの原因が挙げられています。

1、結婚に対する期待や憧れを抱きすぎていた
2、結婚というものが本当にどういうものなのか、深く考えずに勢いだけで決めてしまった

この2つのケースで離婚する夫婦の離婚原因に当てはまるものは、理想と実際の結婚生活のギャップに耐えられなくなったといったことが挙げられます。

また、新婚なのにすぐ離婚してしまうと、今度の周りからも厳しい目で見られることになります。結婚して1年〜2年未満となると、周りには良い印象は与えられません。

離婚理由が、相手方にある場合(DV、浮気)は、仕方がないですが、そうでない場合はあなたに問題があったのではないかと、あること、ないことを言われてしまうリスクがあります。

2、生活環境の変化によるストレス

新婚に限らず、多くの離婚につながる原因でもありますが、環境の変化によるストレスに耐えられなくなることが原因で離婚につながると言ったケースになります。

そもそも結婚とは、今まで住んでいた場所を離れて、あなたが仕事をやめたりして、今までの環境が大きく変わっていくことです。

その環境の変化が女性の想像を超えたことで、こんな目にあうのは旦那のせいだと考え、旦那との環境が悪くなっていきます。

この環境の変化によるストレスは、周囲の人に共感してもらえないことが、女性にとっては大きな悩みにもなっています。

結婚したことで、周りから幸せになったと思われているので、あなたが抱える不安をわかってくれる人が少なく、また知らない土地にいるのですぐに会って話を聞いてくれる人も少ない状況に追い込まれてしまいます。

そう言ったストレスが、本人も気づかないうちに不安が積もっていき、ある時に爆発してしまいます。

そして、あなたがそんな状況になっている中で、旦那は楽しそうに過ごしているのを見て、不信感やイライラが収まらなくなってしまいます。

女性は、ストレスの原因を目の前にいる旦那に押し付けてしまう傾向があります。そのことに旦那が理解できずにお互いに溝ができてしまうようになります。

3、生活習慣が合わないことに対するストレス

結婚前に同棲をしていると言ったことが増えていっていますが、同棲をしたことがない人は、結婚することで相手の嫌な部分が見えてきてしまうといったことが出てきます。

夫婦と言っても他人と生活するのですから、少しずつお互いの違うところが見えてきます。こう言った状況が次第に旦那が嫌いということに繋がっていきます。

ですが、こう言ったことは、時間が経てば、慣れてくることもあるので、離婚には直接的には繋がりません。

だからと言って、直して欲しいところがあるのであれば、あなたも旦那に対してそのことを伝えないと思っているだけではわかりません。

ここまで、大きく3つの原因をご紹介させていただきましたが、その他にも

  • 給料が低い
  • 家事を手伝ってくれない
  • 子育てを手伝ってくれない
  • 直して欲しいところを直してくれない

などがあります。これらも項目に当てはまっている人が奥さんに愛想を尽かされることが多いです。

これからも仲良くしていく方法とは

これらの問題は、夫婦同士なかなか見えてくるものではありません。原因がはっきりしないから、相手が悪いと思い込んでしまうのではないでしょうか。

それでは、夫婦の仲をよくしていくための方法をご紹介していきます。

1、あなたが被害者と思わない

夫婦喧嘩をした際に、それぞれの言い分が自分本位になっていることがほとんどです。それぞれ環境も変わったことから、考え方など違っていて当然です。

お互いの主張が全て通るなんてことはほとんどありません。

相手があなたの思う通りになることはないので、あなたが相手の立場に立って考えていくことが何よりも大事なことになります。

きちんと相手と向き合うことで、お互いを理解していくことができます。大切なことは、”被害者意識を持たない”ことです。

2、相手を尊重する

あなたが旦那に求めていることが多いわけでもないのに、旦那が動いてくれないと思っていることでしょう。

家事を手伝ってもらいたい、私の気持ちに気づいて欲しい、ときに少し強めの口調で感情的に旦那に命令するように言ってないでしょうか。

言い方など一つ気を使うだけでも旦那の捉え方が変わってきます。それが最低限のマナーになります。旦那がいるから生活が成り立っていることを忘れないようにしていきましょう。

3、コミュニケーションを密にとる

充実した生活を送るためには、お互いにコミュニケーションを取ることが必要不可欠になってきます。仲のいい夫婦は普段の生活で他愛のない話をしていける関係だと思います。

逆にどれだけ仲の良い夫婦でもコミュニケーションがないことには、ほとんどのことは伝わりません。

夫婦の期間が長くなるについて、会話を少なくなっていくことが多いと思いますが、積極的にコミュニケーションをとっていき、お互いの意見を伝え合うことが夫婦関係をよくしていく秘訣です。

まとめ

相手をよく知ることから始めると離婚を避けることができるのではないでしょうか。今回の記事で少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

あなたの希望は?