離婚の原因は浮気!慰謝料を高く取るためには相場を知るべき

  • LINEで送る

ズバリ慰謝料は300万円以下のケースがほとんどです。これは、法律のスペシャリストである弁護士が口をそろえて言う決まり文句のようなものになります。

浮気を理由に慰謝料を請求した場合、過去の事例を見てみると100万円~500万円になります。しかし、慰謝料を請求した人が得られている金額は300万円以下がほとんどです。

このことから、あまり慰謝料に対して、期待を持たない方がいいとアドバイスする弁護士もいるほど・・・。しかし、今回は慰謝料を少しでも高く請求するための方法をご紹介させていただきます。

 

それでは、慰謝料を少しでも高く請求するために必要な知識を見てきましょう。

1、慰謝料の定義

慰謝料とは、精神的苦痛や肉体的苦痛を癒すために支払うお金のことを言います。その原因を作った人が支払うお金でもあります。

そのため、損害賠償の一種とも言えるものです。必ずしも、浮気や離婚の際に支払われるものと誤解している人も多いのですが、どんな状況でも請求できるものではありません。

ここで注意したいことが、浮気などの不法行為によって請求することは可能ですが、性格が合わなかったからなどの理由からは請求することができません。

“旦那から妻に支払われる物”というわけでもありません。

その逆もあります。浮気や離婚の原因を作ったのが妻の方であれば、妻に請求されるは当然のことです。

2、あなたには慰謝料をもらう権利がある

慰謝料をもらうことに抵抗しないということが大切になってきます。慰謝料をもらうことに対して、抵抗感がある人がいます。

普段から高額な金額になれていないことで、「日本人特有のストレートに言えなかったり」、「そんな大金受け取れない」などあまりお金、お金と「お金にこだわるのは悪いことだ」と認識している方も多くおられます。

実際の問題で、あとになってもっと請求しとけばよかったと考える方も少なくありません。あなたにも請求できる権利があるのだから、ここは割り切ってしっかりもらえるものは、もらうように意識して慰謝料の交渉を行いましょう。

3、高額な慰謝料が取れない理由とは

世間のイメージでは報道番組で大物芸能人の不倫問題から慰謝料請求の話題をよく目にします。その影響で慰謝料は0000万円も請求できると誤解している人も少なくありません。

テレビの影響からいざ慰謝料を請求しようすると、実際の請求できる金額を見てがっかりする人も多くいらしたとのことです。

※探偵事務所にインタビューした内容になります。

確かに、慰謝料の金額は自由に決めることができます。夫婦の話し合いでお互いがその金額で気がすむのであれば、その金額で成立するのが慰謝料でもあります。

なので、双方が納得いけば、いくらでも請求できることができますが、現実的な話では高額な慰謝料の決定はほぼありません。

その理由は、あなたがどれだけ傷ついたのか、が基準ではなく旦那や浮気相手にどれだけ非があるかで慰謝料の金額が決まるからです。

なので、どれだけ相手の非を証明するかで、慰謝料の金額が決まります。慰謝料を請求しようとしても証拠がなければ、減額どころか、請求することもできません。

慰謝料を請求するための証拠を取るために、探偵事務所が一役買っています。

4、高額な請求ができる方法

ここまで、あなたが認識していた慰謝料のギャップについて説明させていただきました。とはいっても、旦那から最大の裏切りとも言える浮気をされたことに対して、安い慰謝料だけでは納得いきませんよね。

ここでは、実際に高額な慰謝料を請求するために必要な交渉方法や事前に調べておかなければいけないことをまとめてみました。

絶対に私の納得する額の慰謝料を取ってやると考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

探偵事務所に慰謝料を請求できる証拠を依頼する

原一探偵社

探偵事務所は証拠を抑えるプロです。探偵に依頼する目的として、慰謝料を請求したいことから多くの依頼者が利用しています。

慰謝料を請求するための最低限の条件として、どれだけ旦那と浮気相手に非があるかを証明する必要があります。

探偵はその道の10年のベテラン調査員や警察の調査力に匹敵する調査機材を揃えていることでも、証拠を掴む技術を持っています。

実績のある探偵事務所に調査を依頼すれば証明能力の高い証拠に対する心配はなくなります。高額な慰謝料を請求するためには、探偵の協力は必要不可欠といっても過言ではありません。

当サイトでも実績も調査能力も十分にある探偵事務所を紹介させていただいております。探偵事務所に依頼することも検討する必要があります。

相手が悪いと感情で金額交渉しない

浮気もしくは離婚の慰謝料を請求するときに、旦那や浮気相手はできるだけ安い金額にしたいと考えています。もちろん浮気した相手方が悪いのは明白ですが、高額の慰謝料を請求するためには、まず相手方の同意が必要になってきます。

いくらあなたが高額な請求をしたとしても、相手に支払能力がなければ認められないのが現状です。少しでも多く支払ってもらうためにも、相手も悪かったと意識させて、少し厳しいかなというラインで請求するという方法があります。

ここで相手が悪いと一方的になると、相手も少しでも安くしようと対抗してきます。少しでも多くの慰謝料を獲得するためにも、一歩引いて交渉するようにしましょう。

高額過ぎる慰謝料は交渉が難しい

先ほどもお伝えしたように、慰謝料の限度額は相手の支払い能力に応じて決まってきます。

確かに慰謝料はあなたが受けた精神的苦痛に対して請求できますが、あまりに高額な金額であると、相手が支払えないと裁判官もわかっているので、支払できるラインをあなたの意志と関係なく、判断されてしまいます。

そこで納得がいかないと感情が爆発して交渉が難航してしまいます。まずは、冷静になって弁護士などプロに任せて、資産や収入を調べることで請求金額のラインをあらかじめ算出しておく必要があります。

「弁護士」という切り札をつかう

交渉が難航して、うまく請求したい金額が通らない場合は、

「すでに弁護士に相談しているので、旦那や浮気相手の支払い能力はわかっています。」

「なので、この金額請求させていただきます」

と伝えることは効果的です。

旦那や浮気相手もそこまで情報を準備していないので、弁護士というプロを話題に上げることで説得力があります。

話の序盤から弁護士の話をしてしまうと、あとで話が進まない時に困るのはあなたなので、ここぞというところで出すようにしましょう。

慰謝料はあなたの希望額より少し高めに交渉する

慰謝料を請求するときに限った話ではありませんが、金額の交渉の際には希望金額よりも少し高めに交渉することがセオリーです。

初めから希望金額を伝えてしまうと、必ず相手方も食い下がってきます。最終的には、仲介人が入り、双方の希望を通した金額で勧められていきます。

これでは、あなたは希望金額で慰謝料を請求することができません。なので、希望金額よりも1.5倍の金額をはじめに提示しておく必要があります。

お互いの妥協点があなたの希望金額になるように設定することが重要になってきます。

離婚届を出す前に慰謝料を取り決める

離婚届を提出する前には、「そっちの言い分通りに慰謝料払います」という話になっていたのに、離婚届を出した途端に「そんなことはいっていない」と水掛け論になってしまうケースが少なくありません。

これは、離婚が成立したことで、相手方の支払い意思が低下したことや離婚したから赤の他人という認識からくるケースです。離婚すれば支払いを行わなくてよいという事例もあります。なので、慰謝料は離婚前までに支払ってもらうようにしましょう。

慰謝料の金額は文章で残しておく。

慰謝料の支払いで失敗するケースとして、慰謝料の金額を口頭だけでやり取りしてしまうことです。これは最終的に水掛け論になるので、必ず文章で残すようにしましょう。メモ帳などに記載しておくのでも、残っていればいいのですが、証明力が低いので、念書を作成するのが確実です。

作成方法は、弁護士に聞けば作成からアドバイスを受けることができます。慰謝料を約束する場合は、文章で残し手置き、署名捺印を双方が行うようにしましょう。

弁護士に依頼する

あなたと相手方(旦那・浮気相手)で交渉が難しいようであれば、弁護士に依頼して交渉を進めてもらうのが、スムーズに確実に行うことができます。

相手方が支払い能力の高い立場であるにも関わらず、交渉に応じないといったケースが多くあります。弁護士を依頼することのメリットとしては、そういったこちらの要望に応じない、など相手方の対応しなければならない義務を果たさせるためにもなります。

その他にもあなたの希望した慰謝料を請求できるように交渉を進めてくれます。

慰謝料の相場を理解する

どれほど高額な請求をあなたが行ったところで、相手が支払える料金でなければ、慰謝料を請求することはできません。請求する前に慰謝料の相場を理解する必要があります。慰謝料の金額は、婚姻期間に比例して上がる傾向があります。

ですが、婚期期間が長いからといって必ずしも多額の慰謝料がもらえるとは限りません。以下がその目安になります。

婚期期間  平均支払額
5年未満   193万円
5年以上   304万円
10年以上  438万円
15年以上  534万円
20年以上  699万円

※厚生労働省より抜粋

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、高額の慰謝料を請求する方法をご紹介させていただきました。この記事であなたの慰謝料に対する認識も変わったと思います。

慰謝料がどうやって決まっているのか、などを理解することで、慰謝料を少しでも多く請求することができます。ぜひ参考にしてみてください。今回の記事で少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

あなたの希望は?