業者は教えたくない探偵の調査料金が10万円も安くなる方法

  • LINEで送る
tyousaryoukinn

浮気・不倫調査は探偵におまかせというイメージはあるけれど、いざ調査を依頼しようとなると、実際は探偵についてわからないことが多くありませんか。

探偵調査の料金はかなり高いというイメージも強く、中にはあなたが調査の適正価格を知らないことを利用して、高い料金を請求するだけの悪質な探偵がいることも事実です。

できるだけ安い調査料金で確実に証拠を手に入れたい

調査料金の相場を知って、悪質な探偵にだまされたくない

という内容を知りたいと思っているあなたに、

信頼ある探偵事務所の調査料金を把握するだけでなく、さらに調査料金を安くするための方法をご紹介させていただきます。

具体的な方法を、「さらに経費を抑える方法」にて、ご紹介させていただきます。

また、この「さらに経費を抑える方法」をより効果的に活用していただくために、あなたに必ずおさえていただきたい内容を冒頭から順番にご紹介させていただいております。

おさえとかないといけないポイントを把握“している”のと“していない”のでは結果に大きく影響してきますよね。

あなたができるだけ安く調査を依頼するために、目を通していただけると幸いです。

さらに、今回は当サイトの独自調査により、上位探偵事務所の実際の調査料金を公開するだけでなく、調査を難航にさせ、調査料金を上げてしまう絶対にやってほしくないこと、もご紹介させていただきます。

安く、信頼性の高い証拠を手に入れられ、あなたが損をする心配もなく、裁判でも有利な流れを作っていくために、この記事でしっかり学んでいきましょう。

不透明な調査料金の基準実際にある探偵料金の相場

実は正当な探偵事務所には、料金設定の基準となるものが存在しています。それは、警察の公安委員会が設定した「調査会社の料金基準」になります。

各々の探偵事務所はこの基準をもとに、調査料金を決められています。しかし、実際に提示されている金額は各探偵事務所によって異なっています。

今回は、東京都調査業協会が提示した探偵料金の相場を参考にしていきます。

そもそも東京都調査業協会とは、内閣総理大臣の認可を受けた全国組織として公認された日本調査業協会の中心組織です。

信用のある探偵事務所だけが加盟できる探偵協会で、私たち消費者が悪徳な探偵の被害を受けないために組織された調査業協会になります。

調査料金の相場を見ていく限り、調査員2人で1時間20,000~25,000円が適正価格とされています。

多くの探偵事務所は1日の調査時間を6時間としています。となると、1日の人件費のみの計算で25,000円×6時間=150,000円となります。

この金額に車代や、備品代や調査員の交通費などの諸経費が加算されます。なので、諸経費などを合わせると

1日の調査料金は180,000円~200,000円となります。探偵業社によって、1つの調査の調査員人数が3人や4人と異なります。

今回は調査員2名の場合を計算してみました。調査を依頼する際には、確認しておくべきポイントになります。

探偵事務所に直接聞いてみた!人気探偵事務所7社の実際の調査料金

原一探偵事務所

原一探偵社

探偵業界№1に君臨する原一探偵事務所。調査料金も探偵業界では、かなり高額といったところです。

1日の調査時間は5~6時間になります。調査員も2~3名で調査されています。

1日約20万円
3日約50万~60万円

高額な調査料金ではありますが、必ず証拠を取るという自信も垣間見えます。

口コミ評判とレビューを見る

HAL探偵社

HAL探偵社

人気ランキング№2の探偵事務所。人気の理由は、調査実績が豊富な中、調査料金が業界で最安値というところです。

1時間 調査員 1人6,000円、3人18,000円

1日の調査料金

6,000円×5時間×3人=90,000円

交通費などの経費込みで約20,000円前後かかるので、調査費90,000円+交通費20,000円=110,000円

実績や調査費用の面から見てもかなりオススメの探偵業社になります。

口コミ評判とレビューを見る

FUJIリサーチ

他の探偵事務所にはない独特の料金プランをパック制を採用している探偵事務所になります。

1時間 調査員1人 5,000円となっており、1日の調査金額は5,000×2人×8時間=80,000円

オススメの5日間調査パック

1時間 4,000円×5日×調査員2人×8時間=320,000円

調査料金も良心的な探偵事務所になります。

口コミ評判とレビューを見る

総合探偵社TS

総合探偵社TS

浮気調査・素行調査に特化している探偵事務所になります。

調査員1人 1時間 16,200円

調査員は4人体制になっており、1日6時間の調査になります。

1日の調査料金は

16,200円×4人×6時間=388,800円となっています。

他の探偵事務所に比べると、調査料金はやや高めですが、業界の適正価格では設定されています。

口コミ評判とレビューを見る

ISM調査事務所

ISM調査事務所

都心に特化した浮気調査を得意とする探偵事務所になります。

基本契約時の料金として、1時間3名体制22500円調査で必要な車両代金10,000円報告書をまとめる事務手数料10,000円プラス消費税となります。

調査時間は基本6時間から対応してもらえます。

なので、1日の調査料金は22,500円×6時間+車両10,000円+事務手数料10,000円の消費税=167,400円となります。

浮気調査に特化しているだけあって、調査料金もかなりおさえられている印象です。

口コミ評判とレビューを見る

AMUSE探偵事務所

総合探偵社AMUSE

注目するべきポイントは、全調査員が10年以上のキャリアを積んだプロフェッショナル集団であることです。

調査員1人 1時間 7,500円

AMUSE探偵事務所は、調査員の人数は4人~になります。

1日の調査料金は7,500円(税抜)×4人×5時間=約150,000円となります。

3日間になると、150,000円×3=450,000円

調査の結果を出すことを重点的にしており、調査人数が4人体制でこの料金はかなりお得です。

口コミ評判とレビューを見る

アイヴィ・サービス

アイヴィ・サービス

地域密着型の調査で地元を知り尽くしているからこそ、依頼人の満足のいく調査を行えることが最大のメリットになります。

調査人数は3人体制で1時間2万2500円になります。

1日の調査時間が9時間の場合、調査料金が22,500円×9時間=202,500円

1時間の調査金額は他社より高めですが、1日の調査時間が9時間と長いところが特徴的です。

口コミ評判とレビューを見る

探偵業社によってさまざまな調査料金プラン

探偵業者によって、料金プランはさまざまですが、主に3パターンが存在します。

・時間料金制
・パック料金制
・成功報酬制

の3つになります。

時間料金制

時間料金制とは、実際に尾行・調査などを行った調査員の活動時間を計算して料金を決定する料金体系になります。

たとえば、1時間の調査料金が3万円として、5時間尾行したのであれば、3万円×5時間=15万円となります。

多くの探偵業社が時間料金制を採用しています。

パック料金制

パック料金制とは、浮気調査:1日 120,000円(=1時間5,000円×8時間×3名)
浮気調査:5日間パック480,000円(=1時間4,000円×40時間×3名)

探偵業社がプランを用意している料金体制になります。

※違約金が発生するケースはパック料金制が多いとされております。すべての探偵業社に当てはまるわけではありませんので、契約時には確認する必要があります。

成功報酬制

成功報酬制とは、初めに「着手金」を支払い、調査が終了しだい、報告書と引き渡しで、「成功報酬」を支払う料金体系です。

3パターンの料金体系を把握したうえで、具体的な料金は(浮気などの調査の場合)実際の料金がどのくらいかかるのか見ていきましょう。

探偵業社の調査費用とは

「基本料金」+「諸経費」(+成功報酬・手数料)となっています。

「調査員の人件費」や「車代・交通費などの諸経費」は必ず発生します。その調査結果に応じて「成功報酬」や「報告書の作成費用」などもかかります。

一般社団法人東京都調査業協会が「素行や浮気に関する調査」が提示した2005年の3月に行ったアンケートによると、

1時間あたりの「調査料金」については、調査員2名で行う場合、1.5万円~2万円が平均値とされています。

※調査料金の目安として、ここでは1時間あたり、調査員2名の場合

「経費」に関しては、車両費として1日1台につき1~1.5万円程度となっています。

一般的に1時間2万円以上の調査料金がかかる探偵業社は、交通費などの諸経費を無料にしています。

しかし、これらはあくまでも探偵業界の相場ですので、探偵業社に見積りを出してもらわないと料金はわかりません。

無料で見積りを行っている探偵業社に問い合わせてみる必要があります。探偵社の料金は依頼者の状況、探査の内容、依頼者が持っている事前情報や難易度によって異なります。

たとえば

・張り込みや尾行などはあらかじめ基本料金に含まれますが、ビデオや写真撮影は別料金を請求されます。

・ターゲットの名前や顔写真などの最低限の情報がある場合と、名前だけしか情報がない場合では、調査金額も変わってきます。

こういった料金の変化は、探偵業社によってもさまざまです。明確な料金を出してもらうために、探偵業社に見積りを出してもらいましょう。

探偵とのトラブル原因!説明があいまいな解約料について

契約の際に、探偵業社とのトラブルが特に多い案件が、解約料についての話になります。

解約料とは、依頼者が契約を交わした後に調査の依頼をキャンセルした際に探偵業社が被った費用を支払う料金になります。

解約料として適正と考えられる金額や割合は、解約を申し出た時期や探偵が調査のために費やした費用などに異なると考えられ、一概に明確ではありません。

記載されているところがわかる解約料の説明と金額について

解約料の額については、探偵業界での金額の定め方というものはありません。探偵業社が調査料金を各々で決めているように、解約料もそれぞれ独自に決められています。

多くの探偵事務所は、ホームページなどの広告に、調査料金や調査内容などは載せていますが、解約料の説明はどこにも載っていません。

では、どこで解約料の説明があるのでしょうか。 解約料の説明は、実際に契約する際に初めて、調査契約書などの書類に記載されています。中には、解約料に関する説明が一切しないまま、契約する探偵事務所もあるそうです。

探偵業法第8条においても、契約前には必ず重要事項の説明と解約料についての説明をすることが義務付けられています。

調査契約書などの書類に解約料の記載がある場合、解約の時期が遅れるにつれて、段階的に違約金の額が増えていくように定められています。

解約料の割合が記載されている場合、どのような根拠に基づいて決められているのかは不明ですが、契約金額の8%と記載されていることが多いです。

一部の探偵事務所では、解約料の割合が20%、30%、50%とかなり異なってきます。しかし、このような過大な解約料は消費者契約法に適用を受けることができます。

不当で高額な解約料からあなたを守る消費者契約法

消費者契約法9条によると、消費者契約に解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超える場合に、その「超過部分」は無効であると、規定されています。

つまり、探偵業社に発生した平均的な損害額以上になる場合は、その平均的な額の超過分は支払わなくていいことになります。

ちなみに探偵事務所が損害を被らないケースとは、調査開始3日前に解約された場合となります。調査開始3日前の準備期間は機材の準備や経費の支出が考えられません。

なので、8%も十分不当な解約料になります。平均的な損害がない(0円)とすると、8%の解約料全額が無効になります。

支払いに不安なあなたでも大丈夫調査料金の支払い方法

◆現金払い

探偵業社によって支払いのタイミングは異なりますが、基本的な流れでは、着手金や手付金を調査前に支払う、または料金の総額の一部を支払います。

他にも調査終了後の報告会にて、報告書を受け取る際に残額を支払うケースが1番多いです。その他にも、全額前払い、あるいは全額後払いなどの形を取っている探偵業社もあります。

◆クレジットカード払い

事務所を複数構えている規模の大きい探偵興信所では、クレジットカードを各種対応しています。

しかし、探偵業社によって、使用できるカード会社が違うので、事前に確認する必要があります。

各探偵業社のホームページに、対応しているクレジットカードが載っていますので、調査料金などと一緒に確認されることをオススメします。

◆分割払い

探偵業社独自で分割払いに対応しているところもあれば、提携しているカード会社によって、月々いくらと支払対応を行っているところもあります。

今すぐにまとまったお金を準備できない方にとっては、こういった支払方法も探偵業社を選ぶポイントの一部になります。

料金だけで選ばないで!調査料金が安い探偵事務所の落とし穴

結論から言うと、実績のある探偵事務所に依頼するのが、結果的に安く費用を抑えることができます。

なぜなら、契約時の調査料金がかなり安い探偵事務所は、調査経費と言って、こちらの予定してなかった高額な追加料金を後になってから請求してきます。

こういった行為を行うのは、悪徳と呼ばれる探偵事務所がほとんどです。

通常は契約時に追加費用の説明を行う義務があります。その説明がなく、契約時の調査料金の何倍もの追加費用を請求されている依頼者も確認されています。

こういったこと状況にならないためにも、契約の際に追加費用の確認を、探偵事務所と依頼者の間で認識にズレがないように心がけましょう。

探偵業社も本当は教えたくないさらに経費を抑える方法

あなたの財布から出ていくお金をもっと少なくするために、具体的な費用削減方法を特別にご紹介したいと思います。あなたが支払う費用をもっと安く抑えるポイントはたった2つだけです。

それは、

1、調査員の交通費を減らすこと

2、調べてもらう情報を少なくする

になります。

調査員の交通費を減らすこと

1つ目の“調査員の交通費を減らすこと”の理由として、あなたが調査料金で唯一調整できる項目があります。それは、調査員の交通費や宿泊費といった諸経費になります。

例えば、あなたが浮気調査を探偵へ依頼したとします。

あなたは東京にお住いで、現在旦那さんと2人暮らしです。旦那さんが調査対象者として、出張で大阪に行くことになりました。

そこに調査員に調査を3日間行う契約です。

探偵事務所は東京の1か所のみ、調査員の2人で調査を行った場合、東京から大阪までの交通費や宿泊費はあなたの実費負担になります。

もし、旦那さんが新幹線を利用した場合、調査員2人も尾行のためにもちろん新幹線を利用します。そうなってくると、東京の品川発の新幹線で大阪に行くとして、

大人1人片道12,600円×調査員2人×行き帰り往復2回=50,400円

大阪の宿泊代は安いビジネスホテルで抑えても、

大人1人宿泊代3,800円×調査員2人×2泊=15,200円

また、ご主人が大阪駅から目的地までタクシーや電車を利用した際にも尾行のためその分の費用がかかってきます。

仮にレンタカーを借りて、調査を行ったとしても、大阪駅付近のオリックスレンタカーで2日間まるまる借りた場合、約20,000円かかります。別途ガソリン代なども経費として加算されます。

結果的に、3日間で100,000円も諸経費だけでかかってしまいます。

こういった費用を抑えるための対策は、全国に拠点を持っている探偵事務所に依頼することです。

拠点数が多い探偵事務所であれば、たとえ東京で契約したとしても、大阪の拠点から調査員を派遣してもらえます。

さらに、拠点が多い探偵事務所の特徴は自社専用の車両も完備していますので、契約時の調査料金に含まれています。

調査員の宿泊費も払う必要もなくなり、100,000円も余計に払わずに済みます。諸経費を抑えられるだけではありません。地元の調査員に対応してもらうことで、その土地勘が重要になってきます。

高い諸経費を払ったのに、現地の土地勘がつかめずに、ターゲットを見失いましたなどと最悪のケースを回避できるメリットもあります。

なので、調査料金も大切ですが、依頼する探偵事務所がどれだけも拠点数を持っているかも探偵選びの重要なポイントになります。

調べてもらう情報を少なくする

当然のことですが、調べることが多くなるとその分、調査員の負担も増えます。ここでの負担というのは、労働という意味も含まれますが、ターゲットだけでなく、浮気相手などに気付かれるリスクも含まれます。

どういうことかというと、調査を依頼する際に、浮気相手の情報があるのとないのでは、調査の難易度も格段に違います。

浮気相手の存在自体も確認できないのであれば、ターゲットの職場に侵入したり、聞き込み調査などの回数も多くなってきます。

つまり、ターゲット以外の人間に怪しいと思われるリスクが出てくるということです。探偵業社も1人の調査員に周りの視線が集中しないことを避けるために調査員を増やすといった対応しかできないのが現状です。

情報が少ない上に、調査日数も増やせないとなると、必ず人数の問題で限界がきます。調査員も人間なので、ぜったい失敗しないという保証はできません。

調査はいかにリスクを少なくしていくかが、肝になってきます。調査料金を抑えて、さらにリスクをなくしていくためにも、最低限の情報は調査員に共有できるようにしましょう。

探偵業社に直接聞いた!これだけはおさえておきたい事前情報

当サイトの独自調査した探偵業社に渡す事前情報を紹介させていただきます。

・顔写真(正面、横顔、全身が移っているもの)
・氏名(あだな等)
・生年月日
・住所(現住所、本籍地、過去の居住地)
・電話番号
・勤務先
・役職
・身体的特徴
・メガネの有無
・服装(仕事の服装、プライベートの服装)
・クセ
・使用車両(車種・車両№・色)

参考にしていただければ幸いです。

動きたくなる気持ちをおさえて!これだけはしてはいけない調査を失敗させる行動

費用を抑えるだけじゃなくて、リスクを減らすために“いかに調査前の情報が後になって活きていくか”を感じていただけたと思います。

「私もできる限り情報をあつめないと」と意欲的になっていただけていることが本当にうれしいです。ですが、ここで最後に1つだけお伝えさせていただきたいことがあります。

それはあなたのその意欲的な行動が探偵調査をより難しくさせ、最悪の場合、証拠を取ることができなくなるかもしれません。

それが何かというと、“あなた一人で考え、行動すること”です。

調査で一番注意しないといけないのが、ターゲット(旦那さん)に気付かれないことです。依頼者が良かれと思って取った行動が旦那さんに疑いの目を向けていることが伝わってしまい、警戒させてしまった。

このことがきっかけで、あともう少しでとれそうだった決定的な証拠がとれずに、さらに夫婦の中にさらに深い溝をつくってしまいました。

このことから、旦那さんとの信頼関係も修復できないまま、旦那さんの有利な形で離婚し、手元には何も残らない状態になった方もおられました。

言葉に出さなくても、あなたの意欲的なその姿勢が旦那さんに伝わってしまいます。では、あなたにできることはないのか、というとそんなことはありません。

あなたが行動を起こす前に、1つのことをするだけで状況はどんどん良くなっていきます。それは、探偵事務所に相談することです。すぐに契約するということではありません。

信用のある探偵事務所には、無料の相談窓口が設けられています。ここで重要なのは、“プロの意見を聞く”ということです。

無料の相談窓口には、資格を有したカウンセラーが365日24時間の対応を行っています。ホームページに電話番号や
メールアドレスが載っているので、そこから連絡がとれます。

もちろん、何をどれだけ聞いても無料なので、お金は一切かかりません。それに、決してセールスもされず、親身に寄り添って相談にのってもらえます。

あなたの思っている不安なこと、どうすればいいのかと迷っていること、をしっかり伝えて次の行動に移せる準備をしていきましょう。“あの時、電話してよかった”と必ず思える瞬間がきます。

一人で抱え込まないで、まずは相談窓口に連絡を取ってみることから始めましょう。

調査料金も安く、信頼あるオススメ探偵事務所ランキング

当サイトが実績もあり、探偵業界でも信頼もあるさらに適正価格で調査を依頼できる探偵事務所を紹介させていただきます。

:HAL探偵事務所

HAL探偵社

HAL(ハル)探偵社の特徴は、なんといっても依頼者の立場を考えた良心的な調査料金が魅力です。それに加え、全国に事務所を構え、調査力も業界トップクラスでもあります。

追加費用も含めた料金を無料見積もりの段階で金額を提示してもらえます。なので、後から料金を請求されることもありません。

口コミ評判とレビューを見る

:FUJIリサーチ

探偵社FUJIリサーチの特徴は、他の探偵事務所でも珍しい独特の料金プランを採用している点です。パック料金制のメリットは調査期間をあらかじめ決められ、追加調査などで後から追加費用がかからないことです。

FUJIリサーチの人気プランとして、浮気調査:1日パック、5日パックと様々なプランが用意されています。

口コミ評判とレビューを見る

:AMUSE探偵事務所

AMUSE料金システム

AMUSE探偵事務所の特徴は低価格で調査員4人体制で調査を行えるところがオススメできるポイントになります。

他の探偵事務所でも、調査員の増員はできますが、その分料金の負担は多くなります。調査の成功率は、調査員の数で決まると言われています。

適正価格で4人以上の調査員を動員できるのは、依頼人にとっても安心です。

口コミ評判とレビューを見る

まとめ

今回は有名な探偵業社の調査料金を把握するだけではなく、さらに安く調査を依頼する方法についてご紹介させていただきました。

高額な料金というイメージが強かったのが、ポイントおさえてみると、かなり安く経費を抑えることができることを理解していただけたのではないでしょうか。

◆費用を抑える大きなポイント

「実績のある探偵事務所に依頼するのが、結果的に安く費用を抑えることができる」です。

調査料金が安いからと言って、追加費用を確認せずにいると、あとになって初期の料金の何倍の請求をされるといったケースがあります。契約の際には、必ず追加費用の説明を求めましょう。

◆さらに経費を抑えること

・調査員の交通費を減らすこと

おさえるポイントは、全国に拠点を持っている探偵事務所に依頼することで、依頼者が唯一調整できる諸経費を減らすことができることです。

・調べてもらう情報を少なくする

おさえるポイントは、ターゲットだけでなく、浮気相手などに気付かれるリスクがあるということです。

・一人で行動しない

これだけはしてはいけない調査を失敗させる行動では、“あなた一人で考え、行動すること”を忘れずに、プロのカウンセラーに相談することです

あなたが高額な料金を請求されずに、さらに安く調査費用を抑えられることに少しでもお役に立てれば幸いです。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

あなたの希望は?