浮気調査、人探しなど大手探偵事務所を利用者アンケートや口コミを基に評価!様々な視点から比較しておすすめの探偵社をご紹介

【サイト運営者について】

埼玉在住のサラリーマンKOKI(30歳・独身)は将来、自身で探偵業を起業するのが夢。将来の独立のために大手事務所の提供サービスについてや料金、依頼方法などを調べて日々、勉強中。

本サイトでは謎探偵KOKIがインターネットリサーチを駆使して、世間の方が思う探偵事務所への疑問などを調査し解明。そしてインターネットリサーチからみんなの探偵事務所の口コミも調査し、おすすめの探偵事務所を紹介していきます。

【WEBアンケート調査】

※ランキング表記の調査基準は下記を根拠とします。 当サイトでは、サイトのサービス及び、サポート体制の向上を目的として、アンケート調査を実施いたしましたので結果を報告いたします。

▼調査概要 ※調査の企画・設計:謎探偵KOKIの教えて探偵事務所
※調査目的:探偵事務所に対するユーザーの意識調査
※調査方法
・調査時期:2019年5月上旬
・調査方法:WEBアンケート調査
・調査対象地域:全国
・調査対象者:全世代・探偵事務所の利用経験がある方
・有効回答数:1502人

おすすめの探偵事務所ランキング!

あい探偵事務所
弁護士から推奨された探偵事務所

「あい探偵事務所」は浮気調査を専門としており、創業以来約100,000件以上の相談を受けている探偵事務所になります。たくさんの弁護士から推奨もされており、確かな信頼と実績のある探偵会社でしょう。

探偵業界内でもだいぶリーズナブルな料金設定を打ち出しており、「完全成功報酬制システム」「料金後払いシステム」など気軽に依頼しやすいシステムを作ってくれています。

また「調査力No1」「調査終了後のサポートNo1」「ご依頼者満足度調査No1」などさまざまなサポート部門でNo1を獲得しています。依頼者が納得のいくサービスを提供すべく日々進化している点が多くの依頼者に選ばれる理由でないでしょうか。

おすすめポイント

Point .全国の調査も破格の料金で対応

あい探偵事務所の基本情報

受付時間10:00~20:00
電話番号0120-783-526
料金\2,500~/1名/1時間

あい探偵事務所の詳細情報

【あい探偵の11つのサービス】

依頼者が安心して調査を行えるように11つの選ばれる理由があります。 1、安心の低料金設定 浮気調査に限り、調査料金を最低限に抑えた金額を提供しています。・・・

【弁護士からも推奨された報告書】

あい探偵事務所の報告書は、慰謝料請求の訴訟でも有力な効果を発揮しています。その報告書が以下の通りになります。浮気調査に特化している探偵事務所でもありますが、他の調査にも対応できます。・・・

無料で電話相談してみる0120-783-526
調査日数が長くなりそうな依頼に最適
総合探偵社株式会社MR

総合探偵社株式会社MRは年間15,000件以上の相談実績とお客様アンケート94.7%の実績がある探偵事務所です。あの井上公造さんが広告塔をしており、メディアなどでも紹介されているので知っている方がいるかもしれません。

総合探偵社株式会社MRの最大の特徴は何といっても追加費用の心配がない、長期的な調査を見込んでいる方におすすめのパック料金で依頼を受けてもらえるということ。あらかじめ調査日数を決めて依頼するので金額の上限がわかりますし、場合によっては調査員の単価が安くなるのもいいところ。

浮気や不倫の調査以外にも結婚前調査やストーカー対策など全部で9つの調査をおこなってくれます。相談・見積りは無料なので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

おすすめポイント

Point .先に保証をつけて調査を依頼したいならおすすめ

総合探偵社株式会社MRの基本情報

受付時間24時間対応
電話番号0120-783-061
料金\4,000~/1名/1時間

総合探偵社株式会社MRの詳細情報

【追加費用の心配がない長期的調査にお勧めのパック制料金】

あらかじめ調査日数を決めて調査を依頼するので支払う金額の上限がわかります。調査が長引いた場合でも追加料金が発生しないところがパック料金の・・・

【総合探偵社株式会社MRの実際にいくら調査料金がかかるのか】

パック料金体制を採用している総合探偵社 株式会社MRの調査料金はいったいどのくらいなのでしょうか。 パック料金のメリットとして、あらかじめ決められた日数分の調査料金しか支払わなくていいので、追加料金が・・・

無料で電話相談してみる0120-783-061
さくら幸子探偵事務所
全国調査業協会連合会に加盟
さくら幸子探偵事務所

「さくら幸子探偵事務所」は北海道札幌市中央区を中心に活動している事務所ということもあって、北日本を中心に抜群の知名度がある探偵事務所となります。全国調査業協会連合会にも加盟しているので信頼性の高い事務所です。

さくら幸子探偵事務所には調査歴10年以上のベテラン調査員が多数在籍しています。というのも全国9カ所に探偵学校を設立しており、経験豊富な元ベテラン調査員が調査員の育成に力を入れています。

その成果もあってか、メディアで紹介されることもちらほら…。調査報告後も弁護士の紹介をしてくれたり、専門語のカウンセラーがいたりとアフターフォローも万全です。

おすすめポイント

Point .北海道札幌市中央区中心に活動中

さくら幸子探偵事務所の基本情報

受付時間24時間対応
電話番号0120-427-002
料金\2,000~/1名/1時間

さくら幸子探偵事務所の詳細情報

【さくら幸子探偵事務所の拠点数】

国に拠点があるため、遠方の調査にもすぐに対応できます。拠点数が少ない探偵事務所では、調査範囲が広くなればなるほど調査の難易度も上がり、移動距離などの諸経費も多くかかります。 ですが、さくら幸子探偵事務所なら、調査範囲・・・

【一般社団法人 日本調査業協会に加盟】

一般社団法人日本調査業協会とは、内閣総理大臣の許可を受けて、警視庁を監督官庁として日本で全国組織として公認された法人です。・・・

無料で電話相談してみる0120-427-002
ガルエージェンシー
比較的安く裁判で使用できる証拠をゲット

「ガルエージェンシー」は大型な探偵事務所として名が知れており、たくさんのテレビや雑誌などでも取り上げられたことのあるところです。そのため、依頼をしたことはないけれど名前を聞いたことがあるといった人も多いのではないでしょうか。

調査スタッフ数714人、調査車両368台もある機動力は探偵業界でも圧倒的No1。全国に124箇所もの拠点数があるので、浮気調査や人探しといったものから盗聴器発見といったことまで幅広く対応しています。

「顧客満足度96%」の確かな実績!ガルエージェンシーは独自で探偵学校も運営しているため、調査員全員がしっかりとした探偵スキルを身につけています。しっかり調査した結果がこの満足度を導いているのですね。

おすすめポイント

Point .他社と比べて見劣りしない調査実績や調査力

ガルエージェンシーの基本情報

受付時間24時間対応
電話番号0120-399-703
料金\15,000~/1名/1時間

ガルエージェンシーの詳細情報

【裁判でも使用できる証拠能力の高い報告書】

探偵業務で重要なことを大きく2つにわけると、調査結果と調査後の報告書の作成になります。報告書の作成は、裁判において非常に重要な作業になります。 依頼者が、離婚に持っていきたいのか、慰謝料を請求して・・・

【調査後の弁護士も紹介してくれるアフターサービス】

調査の結果がわかった後は、今度あなたがどうしていきたいのか、答えが出ない状況になるケースがほとんどになります。 総合探偵社ガルエージェンシーでは、40~50代の・・・

無料で電話相談してみる0120-399-703
東京探偵社ALG
関東圏で業界最安値の調査

東京探偵社ALGは弁護士グループが経営している探偵事務所となっています。特にメディア露出があるとか有名な広告塔を用いているといったわけではないのですが、口コミではかなり評価が高い事務所です。

東京探偵社ALGの調査は特徴的です。それはなぜかというと、リアルタイムで現場調査員と連絡が取れ、状況の確認が行えるからなんです。普通他の探偵事務所ですとリスクを気にしてリアルタイムでの連絡はできないことが多いので、これだと安心できます。

また最低稼働時間制のない東京探偵社ALG。調査が空振りの時などの場合では実働時間分しか請求されないため、無駄に出費をかけることなく調査してもらえます。依頼者の立場にたった探偵事務所といえるでしょう。

おすすめポイント

Point .慰謝料請求や離婚目的の裁判に有利

東京探偵社ALGの基本情報

受付時間24時間対応
電話番号0066-9736-2015
料金\6,000~/1名/1時間

東京探偵社ALGの詳細情報

【不倫慰謝料請求を行うための3つの調査】

不倫の証拠映像や写真を撮る 慰謝料請求を行う場合は、証拠がなければ始まりません。実際に浮気をしているところを抑える必要があります。LINEなどのやり取りだけでは・・・

【東京探偵社ALGだけの0円サービス】

この0円サービスとは、どこの探偵事務所も必ず請求する項目がすべて0円で対応できるサービスになります。ALGだからこそ無料になる項目・・・

無料で電話相談してみる0066-9736-2015
親権は絶対渡したくないという方におすすめ

原一探偵事務所は44年で110,000件以上の解決実績を持つ、大手探偵事務所です。他ではあまり開示されているのを見ないこの「解決実績」をHPに記載していることこそ、原市探偵事務所の実力の表れではないでしょうか。

原一探偵事務所の強みは何といってもその実力の高さ。とある弁護士さんの話では裁判で原一の作成した報告書が決定打となることが多々あるとのこと。これらの実力を鑑みると業界1位の探偵事務所と称されていることにも納得がいきます。

弁護士から証拠のクオリティーが高いと評価された探偵業者にしか認められない「弁護士組合特約店」。この特約店として唯一認められているのが原一探偵事務所。料金は割高ですがその実力は折り紙付きです。

おすすめポイント

Point .裁判でも有効とされる報告書の作成

原一探偵事務所の基本情報

受付時間24時間対応
電話番号0120-52-1395
料金\120,000~/1日/8時間

原一探偵事務所の詳細情報

【探偵業界一43年の歴史と10万件の解決実績をもつ探偵業社】

探偵業界での原一探偵事務所の位置づけは、一番歴史が深く、さらに解決実績は最多の10万件以上のという実力を誇っています。 ここで注目してほしいのが、解決実績が・・・

【探偵業界NO.1の調査力どこにも負けないベテラン調査員】

業界1位の調査実績を誇る探偵事務所が原一探偵事務所になります。 調査実績43年以上という高い調査力は、すでに多くの依頼者・弁護士から高く評価を・・・

無料で電話相談してみる0120-52-1395
HAL探偵社
良心的な料金設定&24時間365日の無料サポート

「HAL探偵事務所」は全国に事務所をもっている探偵社であり、その調査力も解決実績が90,000件以上、調査成功率にいたっては99.8%と探偵業界でもトップクラスの実力があります。

HAL探偵事務所では広告費やユニフォーム、芸能人を広告塔として起用しないなど徹底的なコストカットを行っており、依頼も「初期費用0円」「成功報酬型」と利用者の負担にならない良心的な料金設定となっています。そのため初めて調査を依頼する方はもちろん料金を抑えて依頼したい方にもおすすめです。

裁判でも使用できる報告書ですが、HAL探偵社独自のポイントに基づいて、詳細に項目を設けて作成してくれます。無料のアフターカウンセリングも行ってくれるため、調査後も安心です。

おすすめポイント

Point .詳細に記載された報告書の作成

HAL探偵事務所の基本情報

受付時間7:00~23:00
電話番号0120-882-041
料金\6,000~/1名/1時間

HAL探偵事務所の詳細情報

【業界一の調査料に加えお客様満足度98.36%の高評価】

なんとHAL探偵社の解決実績は94713件(2017年1月調べ)とさらに調査成功率は99.8%と十分な調査力があります。 HAL(ハル)探偵社は業界価格破壊の低価格で調査・・・

【調査力で外せないポイントは裁判でも使用できる報告書かどうか】

HAL探偵社の報告書は裁判でも有効な資料として使える書式の報告書が作成されています。 どれだけ探偵業社が調査は成功したと言っても、裁判で使用できる証拠でなければ意味がありません。 つまり探偵に調査依頼をするということは・・・

無料で電話相談してみる0120-882-041
トラスト探偵事務所
ピンポイントの調査を行うのに最適!?

「トラスト探偵事務所」は関東圏、主に東京・千葉・茨城での調査依頼に強い探偵事務所です。トラスト探偵事務所では他の探偵社がなかなか引き受けてくれない1~2時間程度の短時間での調査でも引き受けてくれ、しっかりとした調査結果を報告してくれます。このピンポイント調査がトラスト探偵事務所の大きな強みでしょう。

短時間での調査では証拠となる写真の質などに不安を感じる方もいるかと思いますが、その点はご安心ください。トラスト探偵事務所の撮影技術は確かなもののようです。HPにも写真が載っていますが、裁判でも有利になれるであろう写真の数々、プロの仕事でしょう。

エリアが限定されてしまうのは残念ですが、調査内容も幅広く項目分けされているので、該当エリアでの短時間調査を検討でしたらおすすめでしょう。

おすすめポイント

Point .関東圏、特に東京・千葉・茨城に強い

トラスト探偵事務所の基本情報

受付時間24時間対応
電話番号0120-777-771
料金\6,000~/1名/1時間

トラスト探偵事務所の詳細情報

【トラスト探偵事務所の調査項目】

トラスト探偵事務所では大きく分けて、9つの調査項目に分けられております。各項目にもそれぞれ依頼者の目的に応じた調査ができます。あなたにあった調査を見つけて・・・

【信頼と実績が保証されている「日本調査業協会」加盟探偵】

一般社団法人日本調査業協会とは、内閣総理大臣の許可を受けて、警視庁を監督官庁として日本で全国組織として公認された法人です。 この協会では全国の興進所や探偵事務所が加盟しており、その数は・・・

無料で電話相談してみる0120-777-771
追加請求なしのパック料金制

「アイヴィ・サービス」は北海道を拠点に全国14箇所へ事務所を構える探偵事務所です。タイやベトナムなど海外にも拠点を持っているため、海外出張と称した浮気相手同伴の不倫などの場合でもその証拠をおさえることができるでしょう。

アイヴィ・サービスは「一般社団法人日本調査業協会」に加盟しています。この「一般社団法人日本調査業協会」というのは内閣総理大臣の許可を受けて日本で唯一全国組織として公認された法人です。言い換えれば内閣総理大臣のお墨付きがあるということなので、その信頼性は抜群でしょう。

気になる料金体系ですが、アイヴィ・サービスでは請求額の明確なパック料金制を採用しています。追加料金など発生しないといったメリットはありますが、早めに調査が終わってもパック分請求されるデメリットもあるので注意が必要でしょう。

おすすめポイント

Point .タイやベトナムなど海外にも拠点あり

アイヴィ・サービスの基本情報

受付時間24時間対応
電話番号0120-382-048
料金\78,000~

アイヴィ・サービスの詳細情報

【幅広い調査が可能なアイヴィ・サービスの調査項目】

・浮気・不倫調査 調査対象者が日頃どのような生活しているかを調べるものです。調査方法は、基本的に尾行や張り込みをし、調査対象者の行動を調査・・・

【信頼と実績が保証されている】

「一般社団法人日本調査業協会」に加盟一般社団法人日本調査業協会とは、内閣総理大臣の許可を受けて、警視庁を監督官庁として日本で全国組織として公認された・・・

無料で電話相談してみる0120-382-048
関東圏での調査に強い探偵事務所

「ISM調査事務所」は東京にある探偵事務所です。関東圏、中でも1都3県での調査を最も得意としていて、調査員が土地勘を十分に備えているためか、浮気調査・尾行調査の成功率は高く、依頼者からの評判が高いです。

さまざまな調査を行っているISM調査事務所ですが、中でも浮気・不倫調査における実力は関東屈指のものがあります。他の探偵事務所とは違って公式HP以外に浮気調査専用の窓口を開設しているぐらい力を入れているので、それが高い実績と依頼者の評判に結びついているのでしょう。

ISM調査事務所には夫婦カウンセラーの資格を持ったカウンセラーへ相談ができます。別途料金はかかりますが、離婚だけでなく復縁のサポートもしてくれます。満足度92%の高評価を得ているこのカウンセリングもISM調査事務所の強みでしょう。

おすすめポイント

Point 1.浮気調査のエキスパート

ISM調査事務所の基本情報

受付時間24時間対応
電話番号0120-210-064
料金\7,500~/1名/1時間

ISM調査事務所の詳細情報

【浮気調査のスペシャリスト!関東圏の調査を得意とするISM調査事務所とは】

ISM(イズム)調査事務所は、関東圏の調査に特化した浮気調査を得意とする探偵事務所です。 関東地方(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県)の調査成功率が高いです。 その理由はなんと言っても、探偵調査に必要な土地勘を調査員が・・・

【離婚問題のスペシャリスト!円満夫婦に戻るための夫婦カウンセリング】

密かに需要が高まりつつある夫婦カウンセラー。なぜなら、離婚件数が多くなっていることが大きな理由ですISM調査事務所の専門カウンセラーは、夫婦カウンセラーの資格を・・・

無料で電話相談してみる0120-210-064

探偵社全69社を見る

そもそも探偵社ってどんな仕事をしているの?

探偵といえばドラマやアニメ、小説の世界ではおなじみの存在ですが、現実世界の探偵が実際にどのような仕事をしているのかというのは、なかなか一般人からするとイメージがしづらいですよね。

これから探偵社や興信所に調査の依頼をしようかと考えているのであれば、まずは探偵社がそもそもどんな仕事をしているのかという実態を知っておきましょう。

さて、探偵社がどんな仕事をしているのかを知る前に、まずは探偵業の定義について覚えておきましょう。日本には探偵業法という法律があり、ここに「他人の依頼を受けて」、「人の所在又は行動について」、「面接による聞き込み、尾行、張り込み」などに類する営業を行うには、探偵業者としての届出が必要であることが記載されています。

つまり何か必須の資格があるというわけではなくて、警察署に届け出を出していればもう立派な探偵です。そしてこの届け出を出さずに探偵業を営んでいることがバレてしまうと、法律により罰せられてしまいます。

そして探偵には、探偵社に勤務して従業員として働く探偵と、自ら開業して探偵業を営んでいる人がいます。技術や経験や人脈もなくいきなり開業するのは難しいため、多くは探偵社に所属する探偵というくくりになります。

ではここからは探偵社でどんな仕事をが行われているのかについて解説します!

大まかな仕事のルーティーンや流れは決まっていて、相談者との電話相談や面談をして相談を聞く→相談への回答や調査提案をする→調査を行う→身内に報告するというのが、おおまかな流れになります。もちろん探偵社や興信所によっては独自の調査方法や聞き込み、相談者とのコミュニケーションのとり方をしているところもあります。

これに加えて雑務や事務作業、ポスティングやチラシ配りなどの宣伝活動、雇用などの経営面が含まれます。

そして多くの探偵社や興信所では、素行調査、浮気調査、行方調査、身元調査、信用調査、企業関連調査、勤務先調査、盗聴器発見調査、その他の調査といった幅広い案件に応じています。

このような多くの調査の中でも、探偵社が受ける案件の多くは「浮気調査」となっています。

配偶者や交際相手の浮気を調べるこの浮気調査が業界で最もニーズのある調査で、親族や恋人の交友関係の把握・生活実態について調べる「素行調査」、音信普通の親族や債務者などの居所や内容証明の宛先、裁判書類送達のための宛先調べなどの「行方調査」も依頼される案件としては多く、主にこの3つの調査が探偵社のメインの調査業務となります。

そして調査を行うにあたって、まずは下準備を行います。いくらプロの調査員といえども調査対象の人物の情報が不足していては、明確な調査プランを立てられないからです。なので調査前には、登記簿などの公示情報を入手したり、基礎情報としてあらかじめ依頼者に写真や特徴などのプロフィールや行動パターンを聞き出します

本番の日には張り込みと尾行を主に調査員は行います。張り込みや尾行はただ単に対象者についていけばいいというわけではなく、調査員は対象者との位置関係や進行方向などに合わせて、ターゲットに気づかれないように上手に調査します。もし気づかれそうな場合にも咄嗟に自然な対応をとったりする必要があり、これには専門知識と特別な訓練がなければできないため、プロならではの調査力が必要になります。

調査後には報告書を作成して、クライアントに提出します。報告書の内容は「いつ・誰と・誰が・何をした」かがはっきりと撮影されていて、時系列や文章もしっかりと書かれていることが望ましいです。裁判資料に使うためには、こういった形式や内容をしっかりと整えて渡す場合があります。

また、浮気調査や行方調査の結果として、浮気をしていたり、対象者が亡くなっているなどのショッキングな事実を伝えなければならない場合もあります。その際には依頼者の精神的なケアもしっかりとして、アフターフォローとしてカウンセラーと相談してアドバイスをしてくれたり、行政書士・司法書士・弁護士などを紹介してもらえたり、その後どのような行動を依頼者がとればいいかというサポートをしっかりしてくれる探偵事務所もあります。

警察の捜査と探偵の調査の違い

浮気調査は探偵が最も適していますが、人探しや身辺調査などを考えている依頼者の中には、警察に捜査をしてもらうのと探偵社や興信所に調査してもらうのとに、どういう違いがあるのかわからない人もいるでしょう。

ここでは警察の捜査と探偵社や興信所の調査の違いについて、詳しく解説していきます。

基本的には警察が刑事、探偵社は民事というように考えればいいのです。扱う事件の種類が違います。

警察は刑事事件つまり「犯罪があると思料する時」に捜査を行い、最終的には検察官が被疑者を起訴できるよう証拠を集めます。事件性がある場合に限り捜査を行える権限があるのです。事件性とはつまり、国民の生命や安全が脅かされる可能性のある犯罪のことを言います。つまり、ちょっとしたご近所トラブルや配偶者の浮気調査をしてほしいと頼んだところで、警察はおそらく対応してくれないでしょう。

こういった刑事事件以外の民事事件(公益とは関係ない私人間のトラブル、例えば離婚訴訟や貸金返還請求訴訟など)を調査するのが探偵社なのです。警察に相談しても動いてくれない案件は、探偵社の調査の範囲ということになります。

そして調査のタイミングも違います。

一概には言えないのですが、警察は事件や事故が起こった後に動き、探偵社は事件や事故の前に動くという傾向があります。探偵社は依頼されてから動くので、ほとんどは事件前ということになり、予防的な意味合いがあります。対して警察は法律に引っかかるような事件に発展してしまった場合に、初めて捜査を開始します。つまり事故や事件の処理ということになります。

また強制力ある証拠収集手段を持つか、という点も違います。

警察には捜査する権限が法的にあります。任意聴取もありますが、法的な聴取であれば聞かれた際には応じなければいけません。さらに状況によっては、例外的に法律を逸脱する行為も許されています。その代表的なものが「盗聴器」を使った捜査です。また犯罪者を追跡する場合に速度オーバーしても違反にならないこともそうです。つまり、警察には国という後ろ盾があるのです。

しかし探偵社が調査を許されているのは尾行、張り込み、聞き込みを主体とした方法のみです。これに則っているからといって、住居不法侵入や不正な手段での情報入手はできません。あくまでも探偵は一般人のため、一般の法律を無視する調査は許されていないのです。

これについては探偵法に記載されているのですが、探偵には一般人の持ちうる範囲内の権限しかありません。つまり捜査権・逮捕権は一切なくて、業務上は民間以来に基づく個人調査という扱いになっています。なので探偵が犯人を捕まえたりすることはできません。あくまでも法律の範囲内で民間人が解決できるトラブルだけが調査の対象なのです。

なので自分が抱えている問題で、警察と探偵社のどちらかに依頼をすればいいのか迷うのであれば、事件の状況を冷静に分析してみて、犯罪性があるなら警察にまだないのであれば探偵社に依頼するのが良いでしょう。もしかしたら探偵社に調査をしてもらっている内に、かなり危険度の高い事件であることがわかってきて、刑事事件に発展しそうな可能性があるのならば警察に頼ればいいのです。

そして調査費用の面も異なります。警察に相談しても国民は税金として国にお金を納めているため、それ以上の報酬を支払うことはありません。一方、探偵社は民間企業なので、相応の報酬を支払わなければなりません。お金をなるべく掛けたくなければ警察に相談すればいいのでが、事件性がないと動いてくれないので、浮気調査や簡単な人探しは探偵社に依頼するのが適しているでしょう。

浮気調査や人探しの調査料金ってどのぐらいするの?

探偵社を初めて使うのであれば、一番ネックとなるポイントはやはり調査料金ということになりますよね。そこで料金体系やを左右する要素について解説していきます。

まずは基本的な料金体系について、しっかりと頭に入れておきましょう。もちろん探偵社によって若干システムに違いはあるのですが、時間料金型、パック料金型、成功報酬型の3つがよくある料金体系のパターンになってきます。

では、ひとつずつ解説していきます。

まず時間料金型ですが、1時間当たりの調査費用が決まった料金体系になります。調査員が実際に調査した時間から計算して、料金を決定するというところが多いです。1時間の調査費用の相場はだいたい、約5000円~15000円ぐらいです。ただしこれは1人の調査員にかかる金額なので、2,3人の調査員のチームで動いた案件であれば、これが2倍になったり3倍になったりと増えてきます。

計算方法としては1日の調査費用×調査員の人数+諸経費ということになります。経費も調査の内容によって異なりますが、移動に電車やバス、タクシーを使ったり、書類作成費がかかったりもするので、それにより数千円ほどプラスされると考えておきましょう。

次にパック料金型ですが、時間と料金が予め決まっている料金体系のことになります。およそ
20時間プランで30~40万円、30時間プランで30~50万円、40時間で40~60万円ほどになります。必要経費などがこの金額にもともと含まれているプランなので、全体の調査費用は割安になり、調査期間が長くなればなるほど1時間当たりの調査費用はお得になります。

ただし、探偵社によっては、相場より高額になったり経費などの調査費用が別に徴収されるところもあり、想定よりも早く調査が終わってしまうと損になることもあるので、依頼する前にちゃんとプランの内容を確認しておきましょう。

最後に成功報酬型です。調査が成功した後に調査費用を支払う料金体系のことで、依頼者は着手金として調査費用の2~3割の金額を払うことになります。しかし結果が出なければ、残りの成功報酬分を支払う必要はありません。

なのでお得な料金体系なのですが、トラブルになりやすいところもあって、それはなにをもって成功とするか、という定義が曖昧なので依頼者と探偵社の間で認識の違いが起きる可能性があるからです。悪徳な探偵社だと成功の定義を曖昧にして、調査費用を請求してくるということもあります。ですから成功報酬型で依頼をする場合は、契約書をしっかりと提示してくれて、見積もりや条件を明確に示してくれる探偵事務所を選びましょう。

このような料金体系があるということを理解できたでしょうか?それでは浮気調査と人探しの詳しい調査料金相場について、紹介していきます。

まず浮気調査からです。探偵社に浮気調査を依頼するなら、6万円~50万円でなんらかの結果を得ることができます。なぜここまで調査料金が大きく開いているかというと、それは法的に浮気をしたと認められる証拠写真や、動画を入手できるまでの期間が対象者によって違うからです。

事前にパートナーの浮気をする曜日や時間帯、浮気相手の情報、行動パターンや範囲などがわかっていれば、証拠写真を入手するまでの期間は短くなり経費も安く済みます。しかし事前情報が少なくて、隠すのが上手かったりなかなかボロを出さないケースだと期間が長くなり、調査費用は高くなってしまいます。

相手の浮気についての情報が多く事前にわかっているのなら、1日だけの浮気調査を頼むというのも選択としてはクレバーかもしれません。なぜなら1日の調査ですぐに証拠を掴むことができれば、調査料金も安く抑えられますし、すぐに話し合いや離婚裁判へと段階を進めることができるからです。

しかし一発勝負なので、その日に確実に浮気の証拠を入手しないといけませんし、一度だけの浮気の証拠では悪質性が低いと裁判所で判断されて、慰謝料も低額になる可能性があります。複数人との浮気だと、他の異性との浮気が続いてしまうというリスクもあります。

次に人探しについてです。ひとくちに人探しといっても依頼内容は多岐に渡ります。なので探す難易度も内容によって異なるので、調査料金にはだいぶ差があります。調査料金相場は、およそ10万円~100万円ほどですが、どれぐらいの期間があれば探すことができるのかというのは、予め決めることができないので、着手金(人件費+経費)+ 成功報酬のような料金体系が多いです。

また、難易度によってプランもいくつか用意されていることがあって、例えばどこにいるかという地域を絞るのに東京都内、関東地域、日本国内と探す場所が広がるほど、プランも高いものになります。そして探している人物が遠方で生活している可能性があれば、調査員を派遣して相手の安否を確かめるため出張費もかなりかかってきます。

つまり対象者の事情によって、難易度が変わってくるので調査費用は一概には言えないということになります。例えば連絡をとる手段が残っていたり、置手紙があったりした場合は手がかりがあるため難易度は低くなりますが、曖昧な情報が多かったり、探し相手が証拠を意図的に消しているケースだとかなり難易度が高くなってきます。

まずは情報収集を依頼者の側で行っておいて、なるべく整合性の高い情報を得ておくと、行方不明者を発見できる可能性が高くなりますし、調査費用も安くなる可能性があります。

探偵事務所とのクーリングオフってできるの?

探偵事務所で浮気調査や人探しの依頼をしたものの、しばらくしてから考え直して、契約をキャンセルしたい場合もあるでしょう。もちろん契約のキャンセルは可能ですが、ほとんどの事務所では契約解除には解約手数料が発生してしまいます。

契約時に重要事項の説明書や、契約書に解約時の手数料の金額を記載することとなっていて、こうした手順で確認した上で契約したのなら、これは探偵法に照らし合わせても違法ではありません。

しかし、こうした契約の解除方法とは別に、クーリングオフというものがあります。

クーリングオフ制度といえば、一定の契約に限り、一定期間、説明不要で無条件で申込みの撤回または契約を解除できる法制度のこと。このクーリングオフ制度ですが、2008年に特定商品取引法の改正により政令指定商品制度が撤廃され、探偵事務所もクーリングオフの対象となりました。

なので結論から言いますとクーリングオフ自体はできるのですが、探偵社とどこで契約したのかによって、クーリングオフが使える場合とそうでない場合に分かれます。

まずは、クーリングオフが適用されないケースから見ていきましょう。

一般的には、探偵社に自ら出向いて契約をしてしまった場合は、自分の意思で出向いて契約したことになるため、不意打ちの勧誘には該当できないので、クーリングオフの対象にはなりません。よってこのケースだと、前述したように探偵社が契約書に記載した契約解除の方法でキャンセルすることになります。

また、依頼者が探偵社に出向くことができなくて、自宅に探偵社の者を招いて、調査契約を行うケースもありますが、これも訪問販売ではなくて、依頼者が自らの意思で探偵を自宅に招き、依頼者の希望で調査契約をしたと見なされるため、クーリングオフの対象外となります。

では、クーリングオフが適用されるケースはどうでしょうか?

依頼人の中には、忙しくて探偵社に行けないため、ファミレスやホテルのロビー、カラオケボックス、勤務先などで契約したいと申し出る人もいるようです。

このように探偵社以外の自宅の外の場所で、契約を結んだのであれば特定商取引法が定める訪問販売に該当し、クーリングオフの対象となります。

では、クーリングオフができる期間とはどのぐらいでしょうか?クーリングオフが可能な期間というのは取引内容によって変わりますが、契約書を作成した日を1日目として、そこから8日以内であればクーリングオフが可能となっています。

また、契約はしても契約書を受け取っていない又は、受け取った書類に不備があってクーリングオフに関する記載がなければ、この8日間を過ぎた後でも、クーリングオフを申し出ることができます。

さらに探偵社にクーリングオフを申し出た際に、「この取引はクーリングオフの対象外です」とか、「すでに調査を開始しているので解約できない」といった理由で妨害されて、8日間が過ぎてしまっても、新たに書面を受け取ってから8日間が経過するまではクーリングオフが実質できることとなっています。

もし実際にクーリングオフの通知書を書きたいのであれば、インターネットで検索すれば正しい通知書の書き方が載っているので、そちらを参考にしてはがきなどの書面に記載して、通知を行ってください。その際には必ず、特定記録郵便、簡易書類、書類いずれかの方法で郵送しましょう。中でも内容証明郵便は一番確実です。なぜなら内容証明郵便というのは、送ったという事実を日本郵便が証明してくれるものになるので、探偵社がそんな書面受け取っていないといった言い逃れをさせないようにすることができるからです。

探偵社がクーリングオフをして、取り合ってくれればよいのですが、もしかしたらなかなか応じてもらえずにトラブルになってしまうこともあります。何かもめてしまうような事態になったのであれば、消費生活センターに相談して、アドバイスを受けるようにしてください。

信頼できる優良な探偵事務所の見分け方

探偵業法が2007年に施行されてから、悪徳な探偵社は減少傾向にありますが、未だにトラブルや被害は後を絶ちません。そして自分の調査してほしい依頼内容とマッチしている探偵社が、どこなのかという見分け方がわかっていないと思っているような調査ができません。

そこで信頼できる優良な探偵社の見分け方についてレクチャーします。

チェックするポイントとしては、5つが挙げられます。会社の所在地を公開しているか?料金体系が明確か?アフターフォローをしっかりしてくれるか?調査方法の説明はあるか?探偵業届出証明書が交付されているか?の5点が見分ける基準となります。

では、それぞれ解説していきます。

一つ目は会社の所在地を公開しているかどうかです。探偵社なのだから事務所がどこかにあるのは当たり前でしょ?と思う方もいるかもしれませんが、まだまだ架空の事業所を使った営業行為をしている探偵社もあります。個人事業で1人で営業している探偵社などにこういった事例が多く、電話の転送を使いあたかも事業所が存在しているかのように装っている可能性もあります。

これは大手の探偵社でも使われている手段で、大手であることを宣伝していた探偵社が実はフランチャイズだったみたいなケースもあります。なので、面談の際に喫茶店などを指定されて、当日に契約を交わして料金を支払ってから連絡がつかなくなった<なんて、最悪の被害にあってしまわないように、探偵社が本当に所在地に存在しているのかどうかを確かめる必要があります。悪徳な探偵社だと何かトラブルがあると、責任の所在をあいまいにして逃げてしまう危険性があります。口コミなどを含めてしっかりと探偵社のことを調べてから、訪問して契約をしましょう。

二つ目は料金体系が明確かということです。探偵社を選ぶ際には、ホームページにしっかりと料金体系が記載されているかどうか確認をしましょう。掲載されていない探偵社は怪しいです。優良な探偵社であれば、依頼内容ごとに料金体系の概算でどれぐらいお金がかかるのかがわかるようになっています。

ホームページに調査料金の記載がなく、まずはお電話からと書かれているならば、面談の際に提示される金額が電話で聞いた金額と全然違うかもしれません。

しかし調査料金を公表していれば必ずしも大丈夫というわけではなくて、料金表では安い設定なのに、契約する段階では高額になっていたり、追加料金という名目で高額な支払いを請求されるケースもあります。

なので予めいくつかの探偵社に料金の相場を問い合わせてみて、比較をしてからプランをしっかりと提示してくれる探偵社を選びましょう。

三つ目はアフターフォローについてです。調査後に相談者の意思をきちんとヒアリングして、精神的なケアもして、今後についてしっかりとサポートをしてくれるのが優良な探偵社です。

また、浮気調査などで離婚ということを方向性として考えている場合、慰謝料、養育費、親権などについて相談に乗ってくれます。必要ならば弁護士や司法書士を紹介してくれて、裁判に向けての準備をすることもできますし、夫婦関係を維持したいのであれば夫婦カウンセラーの紹介も行ってくれます。

四つ目は調査についての説明がしっかりしているかです。優良な探偵社であれば調査についての事前説明はしっかりと行います。1日当たりの稼働時間、調査員の数、機材はどんなものを使うか、追加料金が発生する可能性があるか、調査時間帯は指定できるかなどの基本情報をしっかりと依頼人に伝えて、納得してもらって上で契約という形を取ります。

これがもし説明がほとんどなかったり、調査料金の支払いを先にさせた後で追加料金について説明してくるような探偵社は、誠意が感じられないため避けた方が無難です。そして調査方法や調査力についても納得できるような説明をしてもらえるところを探しましょう。

五つ目は探偵業届出証明書がきちんと交付されているかどうかです。

探偵業者として開業するためには、警察署に届出を出して、公安委員会に届出をチェックしてもらうことで、探偵業届出証明書を発行してもらう必要があります。

つまり、この証明書がなければ、それは無許可の探偵業者ということで、法律に則った業務・調査を無視している業務を行っている可能性があるので、トラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

なので、ホームページや事業所の中でこの証明書があるのかどうかをチェックしてみましょう。

そして大前提として、カウンセラーや事務所の者との相性が重要です。人柄がいいのか、自分の疑問や質問に丁寧な回答をしてくれるのかがポイントとなり、長い調査になるのであれば意思の疎通ができるかが、調査力を活かせるかどうかにも影響してくるので確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?探偵社がどんな仕事をしているか、警察との違い、浮気調査や人探しの調査料金相場、クーリングオフ、優良な探偵社の見分け方について解説をしました。

現在、日本には5000を越える探偵業者、探偵社がありますが、自分の依頼したい調査に適している事務所かかどうかは、その探偵社の仕組みやサポートをしてくれるカウンセラーとの相性によって決まります。

なのでいきなり探偵社に訪れて、ささっと契約をするのはリスキーなので、無料相談ができる探偵社がたくさんあるので、いくつか探偵社に無料相談をして比較してみてから、その上で依頼するかどうかを判断するのがいいでしょう。

そして契約を実際に交わす際には、印鑑や身分証明書が必要になるため忘れないようにしましょう。浮気調査や人探しであれば、事前に多くの情報があれば探す手間が省けるので、写真、名前、生年月日、連絡先、勤め先、活動時間、よく使う通勤経路、車のナンバーや車種、趣味趣向、仕事以外の活動、交友関係などの対象者と関係のある情報があれな、必ず探偵社を訪れる際に準備して持参しましょう。

イメージ12345
会社名あい探偵事務所ガルエージェンシーさくら幸子探偵事務所総合探偵社株式会社MR東京探偵社ALG
受付時間10:00~20:0024時間対応24時間対応24時間対応24時間対応
電話番号0120-783-5260120-399-7030120-427-0020120-783-0610066-9736-2015
料金¥2,500~/1名/1時間¥15,000~/1名/1時間¥2,000~/1名/1時間¥4,000~/1名/1時間¥6,000~/1名/1時間
カード払い
創業創業25年創業39年創業31年創業16年創業6年
実績相談実績
100,000件以上
調査件数
5,102件
相談実績
100,000件以上
年間15,000件以上記載なし
メール相談
電話相談
チャット相談LINE××LINELINE
対応エリア全国全国全国全国関東

記事一覧