浮気調査、人探しなど大手探偵事務所を利用者アンケートや口コミを基に評価!様々な視点から比較しておすすめの探偵社をご紹介

自分で浮気調査をするのはおすすめできない!?

実は浮気調査は探偵に依頼しなくても、自分で調査することが可能です。
では、ここで質問です。
あなたのパートナーが浮気していることに気づきました、あなたはどんな反応をとりますか?
大半の人は怒りに任せて「浮気してるでしょ!!」と問い詰めてしまいます。
ですがこれは最もやってはいけないことなのです。
感情的に怒られると浮気がバレたことに危機を感じ、証拠を消してしまいます。
その場の話し合いで丸く収まってとしても、あなたの知らないところで浮気を再開してしまう可能性が高いです。
自分で調査を行う場合には、このような感情とうまく付き合っていかなければなりません。
それでは、自分で行う浮気調査のテクニックとリスクを詳しく紹介します。

【簡単な浮気調査ならGPSが便利】
最新のGPSを使って浮気調査ができちゃう!?気になる方は下記の記事をCHECK!!
↓浮気調査をするならGPSレンタル?!「イチロク」を調査↓

イチロク

浮気調査のテクニック

いざ自分で調査をするとなったときに、何を調べればいいのかわからないですよね。

まず知っておいてほしいことは、法的に浮気の証拠として認められるのは肉体関係があったことを証明できるもの。
例えば「ラブホテルへの3回以上の立ち寄り、2時間以上の滞在」を確認できる証拠であれば十分に裁判で使用することができます。

自分の調査で得た証拠をもとに、裁判や離婚を考えている方はこの証拠を必ず押さえてください。

では、自分で浮気調査を行うときに注意すべきポイント、テクニックを紹介します。

①スマホを調べる
今やスマホはプライベート空間で持ち主の情報が何でも入っています。
パスワードなどをうまく聞き出して中の情報を探ってみましょう。

◇SNS
投稿のいいねをしている・されている相手が浮気相手の可能性が高いです。
目星がつかない場合は特に多い人物をチェックしておくといいでしょう。

◇LINEやメールなどのメッセージのやり取り
相手が誰かを特定することもできますが、メッセージで注目すべきポイントは内容です。
メッセージのやりとりの中にホテルへの誘いやデートの待ち合わせがあったときには記録しておきましょう。

◇電話の発着信履歴
「仕事の電話だから」とあなたに隠れて電話をしだしたら要注意です。
履歴の中に増えている名前の番号を控えておきましょう。

②持ち物を調べる
普段持っているカバンやお財布にも浮気の証拠が隠れています。
◇お財布
お財布のチェックポイントは「お金の流れ」です。
ラブホテルのポイントカードや相手の女性のために買った下着のレシート、高額なクレジットカード利用明細など、浮気デート・肉体関係を持っていることが裏付けられる証拠が出てきます。

◇カバン
普段から手帳を使っている人なら浮気相手とのデートの予定も書かれているはず。
日付・時間・集合場所を確認してメモしておきましょう。

③GPSを取り付ける
行動をチェックするためにGPSをつけるという手もあります。
車移動が多いのであれば車のダッシュボードや車体の下などバレないところに、徒歩移動が多いのであればカバンの中に忍ばせてどこに行ったのかをチェックします。
ただし、カバンにとりつける場合はバレる可能性がかなり高いので注意してください。

④尾行し証拠を押さえる
①②③で得た情報をもとにパートナーを尾行します。
浮気の証拠として認められるのは肉体関係を持った証拠です。
ラブホテルに入る写真、滞在時間の記録、出てくる瞬間の写真が必要です。

自身で浮気調査をするリスク

浮気調査は対象者にバレないことが基本です。
気づかれてしまうと今後の調査に支障が出る上に、もっと巧妙に浮気をされてしまう可能性があります。
自分で調査を行うときのリスクも知っておきましょう。

◇調査がバレる
調査員は探偵調査のプロです。
対象者に顔も知られていませんし万が一警察に職務質問を受けたとしても探偵としての届け出を出しているため怪しまれません。
ですが、調査の素人であるあなたがパートナーの尾行を行った場合、いくら変装をしても身体的な特徴でバレてしまう可能性があります。
一度調査をしていることがバレてしまえば2度目からの調査が困難になってしまいます。

◇犯罪行為を犯してしまう可能性がある
GPS設置は取り扱いに注意をしなければ犯罪になってしまう可能性があります。
法的に問題のないGPSの取り付けは「同居しているパートナーの車両につける」ことです。
夫婦であれば車は共同財産になるので設置をしても法的に問題はありません。
ただ、別居中のパートナーの所有する車への取り付けは犯罪です。

GPS設置の他にも証拠撮影に熱が入り過ぎて住居侵入や交通法違反を犯してしまう場合があります。

◇精神が不安定になっていく
探偵に調査を依頼した場合は、調査結果を聞くまではパートナーが浮気をしているところは見えません。
ですが、自分で調査をしてしまうと浮気相手と親しくしている様子を目の当たりにしてしまいます。
実際に目の前で浮気が行われているのを見るショック、バレたらどうしようという不安などにより、精神的にダメージを受けてしまいます。

まとめ

調査を行うこと自体は難しくないのですが、自分で調査を行うときのリスクは探偵に依頼するときよりも多い気がします。

調査がバレてしまうと失敗するだけでなく、夫婦関係が悪化してしまう可能性もあります。
復縁を目的に調査を行っているのであれば最も最悪の自体です。

失敗したくない、裁判で使用できる証拠が欲しいと考えている方には探偵社への調査依頼をおすすめします。

       

人気の大手探偵事務所おすすめ5選

       
イメージ12345
サイト名株式会社MR原一探偵事務所あい探偵事務所さくら幸子探偵事務所ガルエージェンシー
特徴年間相談件数15,000件以上、浮気調査専門の探偵社裁判に勝つには確実な証拠。値段に劣らない結果を出せる探偵社本物のあいか確かめる。依頼者満足度業界No.1の探偵社解決だけじゃない。これからの人生を考えてくれる探偵社安い料金で全国調査が可能。業界随一の拠点数を誇る探偵社
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧